強敵は内村、MISIA、大橋の3人だった――!? 映画『SING/シング』日本語吹き替え版演出・三間雅文氏インタビューの画像1
(C)Universal Studios.

 動物たちが暮らす世界を舞台に、倒産寸前の劇場を再建すべく奮闘する劇場支配人のバスター・ムーンをはじめ、さまざまな事情を抱えながらも歌手を夢見る動物たちが活躍する映画『SING/シング』。

 全世界で空前の大ヒットを記録した『ミニオンズ』(15年)『ペット』(16年)に続く、ユニバーサル×イルミネーションのタッグに加え、吹き替え版キャストには、内村光良、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、大地真央ら、俳優、アーティスト、そしてアニメファンにはおなじみの声優陣まで豪華な面々が集結。公開前から映画ファンのみならず、アニメファン・声優ファンからも注目を集めていた。

 公開から7週経った今もなお劇場には多くの人がリピーターとして足を運び、累計興行収入は早くも46億円を突破するなど、歴代イルミネーション作品で史上最高のスピードで勢力を拡大し続ける本作。「おたぽる」では、日本語吹き替え版の演出を担当した三間雅文氏に、吹き替え版『SING/シング』が完成に至るまでの過程や苦労、そしてキャスト陣の裏話までたっぷり話を伺った。

* * *

――まず三間さんが、本作で演出を務めることになった経緯を教えてください。

三間雅文(以下、三間) 僕が長い間お世話になっているプロデューサーからご連絡をいただいて。作品資料をもらったんですけど、僕英語がわからないんで、「『SING/シング』っていう映画なんだ~」ぐらいに思いながら会いに行ってみたら、試写室に連れて行かれて、わけもわからないまま映画を観させられて(笑)。

――そのときは字幕版だったんですか?

三間 いえ、全編英語版です。最初のほうはセリフが全然ないので、字幕版だと思って観ていたのに、後のほうになって、「あれ? 字幕ないんだ。このパイロットは何分なんだろう」と。ワイヤーフレームとか未完成だったので、10分ぐらいのフィルムだろうと思っていたんですが、100分くらいあって(笑)。でも、最初は“観させられた”という印象だったのが、英語がわからなくても面白かったんですよ。わからないのに泣ける。「何だったんだ?」という気持ちのまま打ち合わせが始まって。

 でも、その後で一度お断りしました。外画(声優業界用語、日本外で制作された映像作品のこと)の吹き替えはずっとやってこなかったし、あえて踏み込まなかったんです。

 でもそれをこの映画に誘ってくれたプロデューサーに言ったら「お前はもう30年やってきてるんだから、ただ怖いだけ。新しいことに踏み込め」と。近年の声優ブーム、アニメブームを受けて、「『SING/シング』も小さいエリアの中だけじゃなく、もっともっと拡げていく意味でお前を呼んだんだ」って言われて。僕にはそういう使命があるんだなと思い、「やらせていただきます!」と返事をしたのが最初ですね。

――ということは、三間さんにお声がかかったときには、アニメで活躍されている声優を起用しよう、という大枠はある程度決まっていたんですね。

三間 途中から参加したので詳しくは知りえませんが、おそらくそうだと思います。そこから先は、僕が普段アニメを主戦場とされている声優さんたちの中で、歌唱力があるのは誰かっていうのを考えていったわけです。

 ただ歌のプロではありませんので、声優さんがどれだけ歌が上手いかっていうのはあまり分かりませんし、そこはこの映画に誘ってくれたプロデューサーが過信したのかもしれません(笑)。チームに入ってから慌てて資料を見たり、いろんな人に意見を聞いて候補を集めていきました。

強敵は内村、MISIA、大橋の3人だった――!? 映画『SING/シング』日本語吹き替え版演出・三間雅文氏インタビューのページです。おたぽるは、catインタビューアニメアニメ業界事情MISIASING シングインタビュー三間雅文内村光良坂本真綾大橋卓弥宮野真守山寺宏一斎藤司田中真弓蔦谷好位置長澤まさみの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
new
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!

ギャラリー一覧

最近のセクシー女優さんはみんなキレイでカワイイよな!!
『銀魂』も面白かったけど『斉木楠雄のΨ難』もすごーく面白かったよ!