いつもの1.7倍献血者が集まる!「コミケ時の献血バス」の実態を日赤に聞いてみたの画像1
日本赤十字社ホームページより。一日3000人は想像以上と思う人も多いはず

 コミックマーケットなどの大型同人イベントでおなじみの「献血バス」。漫画、アニメ、ゲームの限定ノベルティが出ることもあり、盛況を博しているように見えるが実態はどうなのか? コミックマーケットをはじめとした同人イベントや、その他アニメ、漫画、ゲームなどとコラボした献血の現状と実態について、日本赤十字社に話を聞いた。


■コミケの献血バスは20年の歴史あり

――コミックマーケットをはじめ、大型同人イベントで献血バスが来るのはおなじみの光景ですが、いつ、どのような経緯で献血バスの配車を始めたのでしょうか。

日本赤十字社(以下、日赤) コミックマーケットには1997年から配車を行っています。コミックマーケット運営事務局に献血協力を依頼しましたところ、事務局のスタッフの方の中に輸血を受けられた経験のある方がいらっしゃったこともあり、献血バスの配車が実現しました。

――配車は20年目になるんですね。近年では献血者に人気の漫画、アニメ、ゲームのノベルティを出しているケースも多いですよね。

日赤 ポスター等の記念品を付加した「コミックマーケット献血応援イベント」は2011年12月開催のコミックマーケット81から行っています。こちらの企画はコミックマーケット準備会の方からご提案いただきました。

 なお、2013年の12月からは、コミックマーケットなどのイベントが終わった後も、全国の血液センターでも同じノベルティを配布するキャンペーンを展開しています。

――地方在住で、首都圏のイベントに行けない人でも同じノベルティを手に入れられるのは助かりますね。どういったノベルティが付けられることが多いですか?

日赤 ポスターが多く、「コミックマーケット献血応援イベント」では、毎年異なるデザインのポスターを配布しています。また、コミックマーケット89ではそのほかにTCGカードを、コミックマーケット91ではタペストリーを配布しました。


■若年層の献血協力はここ10年で30%減少している

――献血バスは同人イベントに限らず、人の多く集まるイベントによく来ていますが、同人イベントならではの特徴を感じることはありますか?

日赤 やはり若年層の方を中心にご協力いただいているところに特徴があります。東方紅楼夢(東方Projectの同人イベント)では、10代~30代の献血者が9割以上を占めていました。若年層の方の献血者数は年々減少しており、2006年における10~30代の献血者数は約293万人でしたが、2015年には約204万人と、30%も減少しています。こういったイベントでのご協力が貴重な機会となっています。

いつもの1.7倍献血者が集まる!「コミケ時の献血バス」の実態を日赤に聞いてみたのページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情コミケ日本赤十字社石徹白未亜の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
new
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!

ギャラリー一覧

最近のセクシー女優さんはみんなキレイでカワイイよな!!
『銀魂』も面白かったけど『斉木楠雄のΨ難』もすごーく面白かったよ!