1704_yami04.jpg
テレビ東京・あにてれ『世界の闇図鑑』公式サイトより

 鬼才・井口昇監督の手がける紙芝居アニメ『世界の闇図鑑』(テレビ東京ほか)第4話「謎の円形の正体」。今回の題材はミステリーサークルである。1990年前後に「UFOの着陸跡では?」「エイリアンからメッセージでは?」と世間を騒がせたものの、そもそも最初は「イギリスの冗談好きのオッサン2人が仕組んだ壮大なイタズラ」と発覚。それ以降のモノも騒動に便乗したフォロワーの手によるものと判明した、いわば「解決済み」のオカルト案件だ。そんなのを今やるんですか? と突っ込みたくもなるが、果たしてその内容は……?

 ある国のある農場。真夜中、トウモロコシ畑の上に謎の発光体が現れた。畑の持ち主であるジャックと、その息子ジョンはいつまでも発光している浮遊体を見つめていた。
 翌朝になって光の現れた場所に行ってみると、トウモロコシが円形に刈り取られていた。

「これってミステリーサークルってやつかな」

 ジョンが訊くと、ジャックは「バカ言うな」と笑った。

「ミステリーサークルは作物が倒れるだけだが、これは完全に刈り取られている。誰かが真似て泥棒したんだろう。犯人を突き止めてやる!」(※作物が倒れるだけ、というのは現実のミステリーサークルを踏まえた事実。とはいえこれも「大きな板の上に乗ってぐるぐる歩き回る」という「人間の手で普通にできること」なのだが)

 2人はその夜、所有するもう一つのトウモロコシ畑を監視することにした。夜が更けても何も起こらない。すっかりくたびれて「戻ろうか」とジョンが言ったその時、ザアッと奇妙な音が。

 謎の発光体が現れ、みるみる2人に接近してくる。近付くにつ2人は気付く。これはひとつの物体ではない、小さな光る物体が群れを成している!
 それは――それらは20センチほどの光り輝く生物だった。鋭利な刃物のような羽根でトウモロコシを切断し、円形の口で次々と飲み込んでいた。光る竜巻のような群れを成した未知の生物が、今まさに畑を食い荒らしている。

 からくも逃げ出したジャックとジョン。翌朝再び畑を見てみると、メッセージのような図形を描いた刈り跡だけが残されていたのだった――おしまい。

解決済みの定番オカルトネタをあえて今!『世界の闇図鑑』第4話「謎の円形の正体」のページです。おたぽるは、アニメ作品レビュー17年4月期アニメJUP-ON STUDIO世界の闇図鑑井口昇本田淳の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
佐藤レイミがお胸が強調された黒のハイレグ水着姿に挑戦! ベッドのシーンは「甘えたり、命令したり……」new
松本菜奈実のボインをチェック!! DMMアダルトアワードの“テッペン”を獲る「ビットボインでボインチェック」とは?
伊川愛梨、私も腰を振って「大人の感じ」を演出!? ロリ巨乳だけど、小さめ水着も「意外と大丈夫」
瀬田あやの、撮影ではみ出しまくりだった!? 2枚目のDVDは「みんなから『エロイ』と絶賛」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…