参加するイベントから住みたくなるイベントへ──第2回「蒲田・コスプレこれくしょん」にOTAKU議員が語る新たなる希望の画像1
昨年は直前に春の嵐に遭遇しながらも、賑わった「蒲田・コスプレこれくしょん」

「単なるコスプレイベントじゃなかった。これは、とんでもないイベントだ……」

 会場に詰めかけた見物客は、皆そう思ったに違いない。

 昨年4月17日、蒲田駅西口の広場には大勢の人が集まっていた。商店街の主催で開催される春の催し「蒲田行進曲フェスタ」。その中でも目玉イベントとなったのが「蒲田・コスプレこれくしょん2016」。それは、いわずと知れた漫画原作者・小池一夫氏らを審査員に招いて行われたコスプレコンテストであった。その何人目だったろうか。こんな呼び込みのアナウンスが流れた。

「次の方はセーラージュピターのコスプレです。体型維持には気を使っているということです」

 見物客、とりわけ男性たちがごくりと期待の唾を飲み込む音が聞こえた。そして、体型維持には気を使っていることがよくわかる、素晴らしいコスプレイヤーが登場した。

 ……女装した、オッサンであった。

 人は予想外の出来事に遭遇すると、固まってしまうものである。そんな空気もよそに、オッサン、いやセーラージュピターのコスプレした人はアコースティックギターを手に語り始めた。

「『セーラームーン』が始まって20年、戦いよりも社会のほうが厳しいとわかりました……」

 そして、コスプレの人は歌い始めた。

 ♪社畜~社畜~ぼくらは社畜~

 その歌声は、なぜか会場の空気を和ませていった。そして、檀上にはセガサターンのコスプレなど、様々なアイデアを凝らした参加者が次々と登壇していった……。

 審査の結果、最優秀賞に選ばれたのは、まるで本物のような造形が目をひく『魔法使いの嫁』のコスプレをした参加者であった。

 参加者に送られたのは、商店街の一員・亀屋百貨店提供の24万8,400円もする超高級ベッドであった。その、大きさも値段も張る賞品に、商店街のただならぬやる気が感じられた。

 後日、大きすぎて、とても部屋に入らないため別の品物に変えることになったと聞いた。

■「コスプレ発祥の地宣言」から始まった新たな街づくり

 駅のホームに蒲田行進曲が流れる、城南のディープタウン・蒲田を中心に繁栄する大田区。羽田空港を持つ国際的な玄関口として、あるいは町工場が連なる工業地帯としてなど、いくつもの顔を持つこの自治体は、いま「コスプレ発祥の地」として盛り上がっている。昨年12月に大田区制施行70周年記念PR助成金事業のひとつとして、京急蒲田駅周辺を会場に開催された「OTAKUコスプレ祭り」では、来場した松原忠義区長自ら「大田区はコスプレ発祥の地」と発言している。

参加するイベントから住みたくなるイベントへ──第2回「蒲田・コスプレこれくしょん」にOTAKU議員が語る新たなる希望の画像2
「OTAKUコスプレ祭り」を楽しむ、松原忠義大田区長

 大田区が初めて発祥の地に言及したのは、2015年12月のことであった。17年の区制70周年を前に、様々な記念事業を話合っていた大田区議会。その席上で大田区の担当者は「コスプレ発祥の地は大田区」と発言。最初は、大きなニュースにはならなかったものの、ジワジワと広がっていった。

 そんな発言が飛び出した背景にあったのは、大田区がオタクの街として、にぎわい始めていたことだった。発言の数カ月前の9月、JR蒲田駅東口広場をはじめ蒲田東口商店街一帯で「おた☆かま」と題したイベントが催された。これは、地元商店街のフリーマーケットに、コスプレイベントと同人誌即売会を合体させてしまうという新たな試みであった。

 単なる商店街の催しかと思いきや、様々な衣装に身を包んだ男女が闊歩し、普段は見かけない本も売られている。それは、決して浮くことなく蒲田の街に溶け込んでいた。

「一緒に大田区を盛り上げいくことができる仲間を増やすことが目的なんです」

 単なる賑やかしではないイベントの意義を語ったのは、企画の立ち上げから参加していた、おぎの稔区議であった。

 おぎのは、ある一面で大田区の枠を超えた有名人だ。この人物を、多くの人は「大田区議」とは呼ばない。「オタク区議」という。初の立候補での当選以来、おぎのは新たな試みに挑戦してきた。それは、区民と共に考えるべきテーマを漫画にして配布するというもの。その試みは成功し、地元では子どもにまで「漫画の人」と呼ばれるにいたっている。ここで勘違いしてはならないのは、彼が単に区議としての椅子を確保するために、そのような手段を用いているのではないということだ。彼自身、もともとがオタクなのである。それも、区議になってからコミックマーケットにサークル参加するほどに、である。

 筆者がおぎのと知り合ったのは08年頃のことだった。その頃のおぎのには、今の区議として活躍する姿など想像もできなかった。ただ、コンビニでバイトしているオタク青年。そんな印象であった。

 ただ、誰にでも受け答えが丁寧というのが、人と違うところだったと思う。だから、おぎのが区議選に出馬すると聞いても驚きはなかった。

 偶然、選挙事務所を置いたのは、私が『これでいいのか東京都大田区』(マイクロマガジン社刊)の取材のために引っ越して、しばらく住んでいた武蔵新田であった。馴染みのめし屋などで話を聞いてみると、おぎのを応援するというよりは、何か一緒にやりたい。そんな気持ちを持つ人が多かった。

 選挙事務所には、最初からおぎのが「提督」として愛して止まない『艦これ』北上のフィギュアが祀られていた。選挙の際や、その後の日常でも選挙事務所に出入りするのは、オタクでもなんでもない地元の人たちである。でも、それはまったく浮いているものではなく、風景として馴染んでいた。ひとつだけ、疑問があるとすれば、おぎのがなぜ北上を選んだかということ。地方の女学生のような印象の北上のどこに引かれたのだろうかと、青葉を愛して止まない筆者は、ずっと考えている。

■待ち構えているのに……なかなか告知されない

 その、おぎのに「今年も、やるんですよ、蒲田・コスプレこれくしょん」と聞いたのは、17年を迎えて間もなくのことであった。

 冒頭に記した昨年の開催の時も、おぎのはなぜか黒子のコスプレ(バスケではなく、歌舞伎とかのアレである)で、スタッフとして忙しそうに動き回っていた。前述の通り、昨年感じたほかのコスプレイベントでは、ついぞ見かけたことのない独特の空気感。そして、商店街が気合をいれた賞品の数々は、強く印象に残っていた。だから、今年は筆者も参加者の側になろうかとも考えた。

参加するイベントから住みたくなるイベントへ──第2回「蒲田・コスプレこれくしょん」にOTAKU議員が語る新たなる希望の画像3
「コスプレ発祥の地」をアピールする蒲田西口商店街のホームページ(http://www.24kamata.or.jp/

 ところが、春が近くなっても、一向に告知はされなかった。幾度か尋ねてみると「いま、準備をしている」という。そして、ようやく日取りが告知されたのは4月に入ってからだった。日取りを見ると4月30日となっていた。1カ月を切ってからの日取りの告知。友人のコスプレイヤーに、こんなことをいわれた。

「コスプレイヤーというのは、時には半年くらい先の予定まで決まっているんですよね」

 それは極端だとしても、遅すぎる告知だと思った。そして、日程も危うさを感じた。この日は、東京ビッグサイトでは同人誌即売会「Comic1」が。幕張メッセでは「ニコニコ超会議」が開催される日なのである。いったい、なんでこんな日取りにしてしまったのだろうか。

 そんなことを考えていたら、おぎのから「事前に、一度話を聞いて下さいよ」と連絡が来た。

 文句の一つでもいってやろうと思い、会うことにした。

「いや、商店街のお祭りは、近いタイミングで告知されることも多いのですよ」

 待ち合わせた深夜のジョナサン蒲田駅東口店。筆者が何かをいうよりも先に、おぎのは少し申し訳なさそうに口火を切った。商店街では季節ごとに様々な催しが開かれる。だから、大抵は2カ月ほど前になってから「そろそろ、話合おうか」というスケジュール感で動いているという。また、昨年使った駅前の広場は工事中のため、今年は同じようなコンテストを行うことはできない。そこで、改めて一から仕掛けを練り直さなくてはならないという問題もあったのだ。ただ、おぎのはそれを言い訳にはしていない。

「もう少し、早く動けるようにしないといけないですね」

 主催はあくまで商店街。そして、その有志によって立ち上げられた「国際コスプレ普及協議会」である。あくまで、一支援者にすぎないのに、おぎのは自身の解決すべき問題として、媚びるでも謝るのでもなく説明してきた。だから、筆者も文句をいうのはやめて、もっと本質的なことを聞こうと思った。

 昨年のようなコンテストができないとすれば、今年はいったいどのような催しになるのだろうか。それを尋ねると、おぎのはニヤリとして答えた。

「<おた☆かま>では、商店街のフリーマーケットとコスプレイベントを合体させる試みをしました。これをもっと工夫して、コスプレイヤーが街を歩いているだけでなく、様々な衣装に身を包んだ人たちが街に当たり前に存在しているシーンを演出するんです」

 具体的には、劇団などの協力を得て、商店街のあちこちで、コスプレをした人たちが寸劇を行ったりパフォーマンスを行ったり。いわばRPGで、キャラクターが町に入った時のような光景を、商店街を訪れた人々に見てもらおうというものだ。

参加するイベントから住みたくなるイベントへ──第2回「蒲田・コスプレこれくしょん」にOTAKU議員が語る新たなる希望の画像4
昨年(左)と今年のポスター(右)。かなり進化している様子が一目瞭然

 さらに、コスプレできる会場も商店街アーケード内以外に、御園神社、宴会・結婚式場でもある「プラザアペア」や公園などにも拡大。スタンプラリーも実施して、ウロウロと街を回る仕掛けが整えられているという。

 実は、この試みは昨年から考えられていた。昨年「蒲田・コスプレこれくしょん2016」の企画に携わった蒲田西口商店街振興組合青年部の杉山修一に話を聞いた時に、こんなことを聞いた。

「商店街をコスプレで練り歩くとか様々な催しも考えています。次回は、私もドズル・ザビで参加するつもりです」

 杉山は、商店街のみならず地域のコスプレに絡む催しを行うための団体名を「国際コスプレ普及協議会」と名付けたダイナミックな人物(なお、賞品の超高級ベッドを提供した亀屋百貨店の常務でもある)。そこでも、語られていたのは蒲田の街で、もっとコスプレをごく自然のものにしていこうという意志であった。既に各地で、コスプレパレードのような催しは行われている。けれども、そこにはコスプレする側と見物する側という壁があるもの。それを取り払い「なんか、今日は街が面白いなあ」という雰囲気を生み出そうというわけである。

■コスプレイヤーが当たり前に歩く街へ

 実にコスプレイヤーというのは、そこにいるだけでワクワク感を与えてくれるものである。昨年放映されたNHK大河ドラマ『真田丸』は大好評となった。そして、ゆかりの地である長野県上田市にも多くの観光客が訪れた。その上田市の観光の目玉といえば上田城である。

 けれども、上田城には真田氏に絡む建造物は、残っていない。それどころか、上田城というのは、門をくぐったら神社があってお終いだ。歴史的建造物は、櫓ぐらいのものなのである。

 ともすれば「がっかりスポット」なのだが、そうは感じさせない仕掛けがあった。平日にも、忍者やらくのいちやらの衣装を着た人々が「ようこそ~」などと出迎えていたのである。単にそれだけなのだが、その存在が「がっかり感」を変容させていた。大河ドラマだから、放っておいても観光客が来るだろうというところに、あぐらをかかず。なんだか、ワクワクさせてくれる仕掛けになっていたのだ。

「コスプレをしたい人や見物に来た人だけでなく、たまたま買い物に来た人も巻き込んで、みんなが楽しい気分を味わえる空間をつくっていければよいと思っています。コスプレで蒲田をつなげるといったところでしょうか」

 おぎのは、そんな展望を語る。

 儲けではなく、まずはスタッフも参加者も誰もが楽しめること。それが、もっとも重要な部分である。昨年の「OTAKUコスプレ祭り」は、区制施行70周年の関連行事ということで、大田区からは僅かながらも助成金が下りた。

 でも、これらのイベントに関わる人々は誰一人として、そんな降ってくるカネをアテにしたり、打算的に動いているようには見えない。全国各地で行われているマンガやアニメを使った町おこしというものは、少なからず行政から下りるカネをあてにしているものが多い。それどころか、そうした公金を狙うゴロも跋扈するようになってしまった。

 単純に、マンガやアニメに絡めた催しをすればオタクがたくさん来て儲かる。最先端のことをやっている……そんな低俗な意識が、悪の入り込む隙を与えてしまっているのだ。だから、本当に誰もが幸せになれる催しにするのならば、行政はサポート役。街の人々が自発的に、新しい取り組みを初めてくれるのが理想だと、おぎのは考えている。

「今回、行政と商店街の人々の協力で舞台は整いました。各店舗の人たちが、何か売り出しをしたりだとか、積極的に利用してほしいと考えています」

 今回、巨大イベントと日程がかぶってしまったりした「蒲田・コスプレこれくしょん2017」。でも、その本質的な目的は地域の人々や、買い物に来る人たちに楽しんでもらうこと。だから、日程がかぶっても、ゴールデンウィーク初日のほうがよい……というのは、決して負け惜しみではない。

 そして、蒲田の人々は単に客寄せのイベントではない、壮大な目標を掲げている。おぎのはいう。

「多くのイベントは、街に来てもらうのが目標ですよね。でも、私たちが考えているのは、大田区に住んでもらうことなんです」

■町おこしを超えて、住みたくなる大田区へ

 大田区が、オタクにとって実に住みやすい街であることは、ジワジワと広まっている。オタク向けのショップや充実した書店なども揃っており、秋葉原にまで足を運ばなくてもたいていのものは揃う。休日に催される同人誌即売会などがなくとも、元よりオタクに優しいのが大田区なのである。

 筆者も、その魅力を二度にわたって単行本にまとめた。そして、羽田空港の国際化の進展や、移住者の増加により街は、どんどんと進化をしている。それでいて、街の調和が乱れることはない。

 先日、月島のもんじゃストリートを歩いていたら、メインの商店街の店舗を5軒くらい潰してマンションが建とうとしていた。昨今、東京のあちこちでは調和などどこにもない、ムチャクチャな再開発が当たり前だ。けれども、新しいものを受け入れつつ、土地の持つ本来の味へと変えながら進化させていくというのが、大田区なのである。これがなせるのも、関東大震災以後の移住者たちによる、新たな山の手化。高度成長期の工場労働者の流入など、常に新しい人々がやってきては馴染んでいくという歴史がなせるわざなのか。

 かつて、松竹蒲田撮影所があった時代。蒲田の街は、映画スタアも当たり前に闊歩する街だった。それが21世紀、コスプレイヤーになったというわけか。

 そして、幾度もの蓄積を経てイベントはさらに地域へと広がろうともしている。

「将来的には蒲田の街を、例えるなら<幻想郷>のような、オタクにとって楽しい街にしていきたいです」

「幻想郷」とは、いわずと知れた霊夢とか魔理沙とかのいる、いわばオタクなら誰もが行きたくなる夢の世界のことである。それが、どのような形で現実になるというのか。

「これまで、それぞれの商店街が別個にコスプレイベントを開催してきたわけですけど、将来的にはJR蒲田駅から京急蒲田駅まですべてを巨大なコスプレ会場に見立てたイベントもいいんじゃないかと思っています」

 一過性のイベントではなく、コスプレを出発点にオタクが住みたくなる街を誕生させたいという地域の人々の気持ちは本物だ。その証拠に、蒲田西口商店街の公式サイトでも「大田区はコスプレ発祥の地」がうたわれるようになった。

 これからの大田区が目指すべきオタクの街としての未来を、おぎのは次のように語る。

「今年3月に、町工場などで構成する大田工業連合会青年部のイベントが開催されました。ここでも、コスプレイベントや東方projectのZUNさんによるトークショーをしたんです。最近、町工場の技術でコスプレ衣装のパーツを製造する事例が出ているということもあるのですが、それだけではありません。ともすれば、固いイベントになってしまうところに、より足を向けてもらいやすくなったと思います。こんな風に、大田区では一つの作品の聖地でなく、商店街や工場、行政など、街全体がおたくやコスプレとコラボしながら、街づくりを考えていく。すなわち、イベントを新たな交流のきっかけにしたいと思っているんです」

参加するイベントから住みたくなるイベントへ──第2回「蒲田・コスプレこれくしょん」にOTAKU議員が語る新たなる希望の画像5
おぎの稔区議(右)。左はトークイベントに登壇したZUN氏

 これまで筆者も各地の商店街とコラボした、コスプレも含んだ催しを取材してきた。その中で感じたのは、やはり飲食店のコラボばかりが目立っていること。まだまだ、それではチャンスを生かし切れていないのではないか。

 例えば、クリーニング店でコスプレ衣装クリーニングにサービスを導入とか、美容室でのウィッグカット、写真館での写真撮影などなど。都内屈指の温泉地帯である、蒲田では銭湯とのコラボなんてのも想像できる。進取の気性を持つ大田区だからこそ、各地の人々が「うちもやってみよう」と真似したくなるアイデアが飛び出すのではなかろうか。

 コスプレを出発点としてオタク文化を取り込み、大田区はどんな進化を遂げていくのか。

 取材を終えた、深夜の帰り道。歌う路上ミュージシャンと「マッサージいかがですか~」と声をかけてくる客引きとが入り混じる猥雑な光景を見ながら、改めて大田区の進化に期待が高まった。
(取材・文=昼間たかし)

■蒲田・コスプレこれくしょん(かまこれ)2017
日時:4月30日(日)
受付場所:蒲田西口広場前
イベント開催時間:10時~17時
更衣室利用時間:10時~18時
更衣室利用料:500円(スタンプラリーと同時)
※プラザアペア使用の場合のみ+2000円(プラザアペアに限り、カメラマンの方も同額の使用料が必要です)

☆15時45分よりコスプレによる商店街アーケードパレード(集合場所は当日案内します)
☆16時30分より豪華景品のあたる大抽選会を行います!!

運営:国際コスプレ普及協議会
協力:蒲田西口商店街振興会
【詳細・お問い合わせ】
国際コスプレ普及協議会:http://otaku-cosplay.com/2017/04/168/
Twitter:https://twitter.com/kamatacosplay

参加するイベントから住みたくなるイベントへ──第2回「蒲田・コスプレこれくしょん」にOTAKU議員が語る新たなる希望のページです。おたぽるは、コスプレホビーOTAKUコスプレ祭りZUNおぎの稔大田区昼間たかし東方Project松原忠義艦隊これくしょん-艦これ-蒲田の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…