「ガイナックスのコンテンツならなんでも使える」と豪語!? 渦中の「神戸アニメストリート」岸建介氏の手口と次の寄生先も発見!の画像1
「神戸アニメストリート」公式サイトより。

「あなたにお話することはありません!」

 渦中の人物・岸建介氏は、少し怯えた口調で電話を切ったのである。

 先日、売上を踏み倒された会社社長の訴えから、一躍注目を集めている「神戸アニメストリート」。その手口の全貌と、いち早く責任逃れに走る関係者たち。そして、神戸だけに止まらない岸氏の活動実態が明らかになってきた。

 ことの発端は、4月6日。女性向けコンテンツの企画制作を行う「創作工房」社長・中村あずみ氏が「神戸アニストに詐欺られてる話」と題してブログやSNSで被害を告発したこと。

 それによれば、同社は2015年8月、知人の紹介で「神戸アニメストリート」にて開催されたイベントの中で、アイドルコンテンツの催しと、物販、展示を実施。ところが、売上金が予定日を過ぎても振り込まれなかった。そこで、株式会社神戸アニメストリート社長の岸建介氏に支払いを催促をしたところ、当初は支払いの意志を示したものの、その後は「払えねえもんは払えねえ」「うるせえ」などの暴言を繰り返し、居留守や電話の着信拒否を拒否されてしまったというのである。

 しかも、岸氏はイベント前より同社に対して暴言を連発。イベント当日の会場で「創作工房」が準備をしていたところ「挨拶がない」などと怒鳴ったり、暴言を吐き続けたという。「創作工房」側が、物販のスペースを借りるため10万円を支払っているにもかかわらずである。

 このブログが公開されると、アクセスが殺到。そして、事情を知る人々によって岸氏が08年に、架空の音楽オーディションをデッチあげて500万円を詐取して逮捕されていることが明らかに。さらに、15年に環境副大臣の関芳弘衆議院議員と面会している写真などが、次々と公開された。また、この岸氏は、昨年3月にアニメ会社「ガイナックス」が関西支部として立ち上げた新会社「GAINAX WEST」の取締役であることも暴露されている。

「創作工房」のみならず、すでに確認されているだけで10数社・個人への踏み倒しが発覚している。

 この「神戸アニメストリート」は、震災後低迷していた地域の活性化として15年に神戸市が実施した「アスタくにづか地区商業活性化モデル」として立ち上げられたもの。運営は岸氏が代表取締役を務める株式会社神戸アニメストリートが行っているとされている。いわば行政が管轄する事業で行われた踏み倒し行為。ネットでは「詐岸」とまで書かれているような人物が、なぜ事業を行う立場に入り込むことができたのか。

 まず、話を聞こうと「創作工房」を訪問したのは13日。対応してくれた中村氏は「今日、こんなのが来たのですけど……」と一枚の書類を見せてくれた。

 なんと、岸氏はネットで騒ぎになっていることに気づいたのか、突然「支払う」旨を通知してきたのだ。さらにこの後、岸氏は電話でも支払う意志を伝えてきたという。また、17日になり、ほかの踏み倒し先にも一部だけの入金(詳細は避けるが、仮に56万円だとしたら6万円の部分のみ)が、なんの連絡もなく行われているという。

 どうも、うるさそうなところには支払って、必死の火消しを行っている様子。しかし、もはや問題は支払い云々では済まない。悪質な詐欺的手法を行う人物が、行政の絡む事業に参加し、かつ著名なアニメ会社の役員に名を連ねていること。中村氏も「これで終わりにすることはできない」と、強い意志を語っている……。

--

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】Fカップグラドル伊藤早由利、下着姿で“アレ”が丸出しに!?「誘惑して……」new
【ソフマップ】Gカップグラドル北内みさとがぐしょ濡れに!? スケスケ衣装で巨乳が……
【ソフマップ】「日テレジェニック2012」白河優菜、久々のDVDで“ドスケベメス猫”に変身!?
【ソフマップ】Fカップグラドル逢沢まひる、胸より尻を猛烈アピール!「どこまでやったのか曖昧です……」

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!