――紗名のトイレシーンカットされるんじゃないかと思っていたら、ちゃんと再現してくれました。やったぜ。冷酷な能登麻美子ボイスキャラを見ると心が沸き立つたまごまご『アリスと蔵六』を全話レビューします。*ここまでのレビュー

『アリスと蔵六』3話 幼女誘拐、拘束、薬物投与、脅迫、暴行……助けて蔵六! 早くの画像1
アニメ『アリスと蔵六』公式サイトより


3話「トランプ」ブタの流れ回収

 ミニーC「ここで暴れたり私に逆らったりしたら、あなたは死ぬんですよ、わかりますか?」。原作:今井哲也(徳間書店)、監督:桜美かつし、J.C.STAFF制作のアニメ『アリスと蔵六』。頑固爺さん・樫村蔵六(かしむら・ぞうろく/演:大塚明夫)の元にやってきた、妙な力を持つ少女・紗名(さな/演:大和田仁美)を巡る物語。

 2話でブタを大量に出した紗名。ギャグシーンではあるものの、そもそも生き物を出して大丈夫なのか? という部分を、きっちり原作にない前半パートでまとめたのは見事! まずは生き物を消す=殺す、という問題をクリア。どうやって生命が紗名によって作り出されたのかも含めて、(現時点では)安全な方向に管理。一匹置き去りにしちゃったし、原作以上にブタの存在は重要になってくるかも。
 このアニメ、紗名まわりの非常識な出来事を、ひとつひとつ丁寧につじつまあわせをして、わかりやすく見せている。すごい。


■紗名のまわりが動き出す

 花屋で準備中の蔵六の元に、孫の樫村早苗(かしむら・さなえ/演:豊崎愛生)とブタ一緒にワープしてしまい、めちゃくちゃにしてしまった紗名。叱られた彼女はついとっさに「わざとじゃない」と言って、蔵六をさらに怒らせてしまう。

 彼らの元にやってきたのは、蔵六と昔ながらの顔なじみ、内藤竜(ないとう・りゅう/演:大塚芳忠)。内閣情報室所属で、紗名をマークしていた。
 彼女に「蔵六の家の子になる気はないかい?」と言い出す内藤。蔵六も急な発言に、さすがにどうしようか迷いつつあったところ、紗名は少し浮かれ気味にトイレへ。初めての家族のいる新生活。ワクワクしていた彼女は、一人でいたところをさらわれてしまう。

『アリスと蔵六』3話 幼女誘拐、拘束、薬物投与、脅迫、暴行……助けて蔵六! 早くのページです。おたぽるは、アニメ作品レビュー17年4月期アニメJ.C.STAFFたまごまごアリスと蔵六コミックリュウ今井哲也大和田仁美大塚明夫小清水亜美松風雅也能登麻美子豊崎愛生の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
ロリコスプレイヤー・桜群が犯罪的かわいさのD.VA婦警コスを披露!逮捕希望者続出中!!new
中国出身コスプレイヤー・シェリーが神崎蘭子のコスプレを披露!中二感満載のハイクオリティコス!
人気コスプレイヤー・シェリーがスクエニの『SINoALICE』からアリスコス披露!かわえぇぇぇぇぇ!
エロゲー大好きAV女優“きずぽん”佐倉絆が、エロゲーレンタルを“初体験”しちゃった!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ