「なぜ話題にならない!」「マガジン」の隠れた超名作! 重くて泣ける青春スポーツ物語 『6センチの絆』1巻レビュー!の画像1
『6センチの絆』(原作:安達士朗、漫画:中島真/講談社)

 駅伝をテーマにした少年マンガ『6センチの絆』(原作:安達士朗、漫画:中島真/講談社)の第1巻が3月17日に発売されました。同作は「週刊少年マガジン」で2017年第4・5合併号より連載を開始、4月5日発売の第18号をもって早々に完結してしまいましたが、連載終了を惜しむ声もちらほら。少年マンガにしては重くて深い内容が一部の層を虜にしていたようなので、その内容をレビューしていきたいと思います。

 箱根駅伝スタート直前の場面から物語はスタートします。主人公は城東大学2年生の羽柴日出朗。アンカーの第10走者である日出朗はテレビを見ながら、第1走者の4年生・常盤太陽にエールを送っています。「やっと……やっとここまで来たんだ」と気合いが入る日出朗ですが、それには箱根駅伝という大舞台で走るという意味のほかに、もうひとつの意味が隠されていたことが後にわかっていくのです。

 箱根駅伝がスタートすると回想シーンに突入。さかのぼること14カ月、まだ日出朗が1年生の頃でした。1年にして既に上級生と肩を並べる走りをしている日出朗。しかし自分の実力に驕ることなく、周りが少しちやほやしても表情を緩めることなく黙々と練習をこなし、部員たちがカラオケなど遊びに誘っても断って練習。ストイックで理想的な姿勢ですが、部員の中にはこれを「かわいくない」「天狗」と思う者も。日出朗の不器用な生き方が敵を作ってしまっているようです。

 自転車に乗って鍛える練習をしていたある日のこと、街で綺麗に成長した幼馴染の綾歌に遭遇します。ボランティアサークルに属している綾歌は日出朗が点字ブロックの上に自転車を停めていることを注意。中学生の時以来の出会いということもあり、昔の話に花を咲かせるのでした。そしてなんと綾歌は日出朗と同じ大学に通っているとのこと。偶然遭遇した幼馴染は綺麗になっていて、しかも同じ大学でなにやら良い雰囲気に……と、なんというリア充物語! とここまでは思うのでしたが……・

 また別の日、日出朗はその日もチームの輪から離れて単独行動。「自分のタイムのことしか考えていない」と相変わらず陰口をたたかれる日出朗ですが、そんな日出朗を探しにいった常盤太陽はグラウンドで驚きの光景を目にします。日出朗は夜のグラウンドでひとり落ち葉掃除をしていたのです。思わず声をかけた常盤に対して日出朗は「滑って部員が怪我でもしたらまずいじゃないですか」と、超絶良い子な発言。

 実力があっても奢らず、群れることなく単独行動、しかも影では部員を思いやる一面も。もうここまでで大半の読者は日出朗に対する好感度がマックスでしょう。綾歌とイチャイチャやっても結構、というか幸せになってくださいとエールを送りたくなります。

6センチの絆 1

6センチの絆 1

「日本盲人マラソン協会」も激推し

「なぜ話題にならない!」「マガジン」の隠れた超名作! 重くて泣ける青春スポーツ物語 『6センチの絆』1巻レビュー!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ作品レビュー6センチの絆中島真安達士朗白子しろこ週刊少年マガジンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
ロリコスプレイヤー・桜群が犯罪的かわいさのD.VA婦警コスを披露!逮捕希望者続出中!!new
中国出身コスプレイヤー・シェリーが神崎蘭子のコスプレを披露!中二感満載のハイクオリティコス!
人気コスプレイヤー・シェリーがスクエニの『SINoALICE』からアリスコス披露!かわえぇぇぇぇぇ!
エロゲー大好きAV女優“きずぽん”佐倉絆が、エロゲーレンタルを“初体験”しちゃった!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ