1704_eiga0408.jpg
映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイトより。

 4月8日~4月9日分の週末映画興行成績(興行通信社)が発表されたので、今週もオタク目線でお届け。

 今週の1位は『SING シング』。土日2日間で動員23万6,288人、興収3億1,019万5,000円を記録して、初登場より4週連続首位と絶好調。2位は『モアナと伝説の海』で、こちらも公開5週目に関わらず上位をキープ。土日2日間で動員18万7,000人、興収2億5,000万円をあげて、累計動員は365万人、興収は44億円を突破している。

 そして3位が初登場の『ゴースト・イン・ザ・シェル』。土日2日間で動員17万1,203人、興収2億7,319万1,700円を記録して、興収10億円突破が見込めるスタートとなっている。しかし超大作にしては物足りないという声も少なくない。

 士郎正宗のマンガ『攻殻機動隊』(講談社)をベースとした、押井守監督の劇場アニメ『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』は世界的にも高い人気を誇り、中でも北米では絶大な支持を受けている。満を持してのハリウッドでの実写化だったのだが、結果は伸び悩んだ。

 北米週末興行成績(3月31日~4月2日)では、週末で興収4,900万ドルをあげた3Dアニメ『The Boss Baby』が初登場で1位。2位は公開3週目でも週末興収4,754万3,000ドルという凄まじい強さを見せているエマ・ワトソン主演の実写映画『美女と野獣』。そして1位、2位に大きく差をつけられて、初登場の『ゴースト・イン・ザ・シェル』が興収1,900万ドルで3位になっていたのだ。制作費が1億1,000万ドルと言われているだけあってこれはかなり厳しい結果。

 しかし映像の出来は莫大な制作費もうなずけるほどのものらしく、日本の鑑賞者からは「近未来映像もすげえ綺麗で、3Dで見てよかったよホント」「ストーリーは薄口になってるけど映像美はさすが」「流石ハリウッドってところでアクションもCGもすごかった」と大好評。IMAXやMX4D、4DXなどの特殊上映稼働率が全体の29.7%にものぼるらしく(通常は10%ほど)、映画館でこそ観るべき一作かも。なお中国では2,140万ドルを稼ぎ、初登場1位の好スタートを切っているので、ネットで言われるほどコケているわけではなさそう。

 ランキングに戻って4位から6位は『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』、『キングコング 髑髏島の巨神』、『ひるなかの流星』がそれぞれ前週よりワンランクダウンでランクイン。

 そして7位に初登場のアニメ『夜は短し歩けよ乙女』が、120スクリーンという中規模公開ながらランクイン。ファン待望の「黒髪の乙女」がついにスクリーンで見られるとあって、「花澤香菜の黒髪の乙女たまらなかった」「ざーさんの演技は最高でした。文句なしの黒髪の乙女っぷり」「花澤香菜さんのお声で動き回る黒髪の乙女が終始最高過ぎました」と、花澤香菜の演技に称賛の声が続出している。

 その後は、8位に『ラ・ラ・ランド』、9位に『PとJK』、10位に前週の13位から浮上した『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』と続いた。

 今週末からはここ数年新作を出すたびに記録を更新し続けている『名探偵コナン』の映画作品21作目にあたる『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』や、安定したヒットを飛ばし続けている『クレヨンしんちゃん』の映画作品25作目にあたる『クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』が公開されるため、ランキングが大きく変動することは間違いなし。『SING』『モアナ』の牙城を崩せるのか注目だ。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』3位スタートも圧巻の映像美で中国では大ヒット! 『夜は短し歩けよ乙女』で花澤香菜の“黒髪の乙女”に称賛の声 【週末映画興行成績】のページです。おたぽるは、その他映画SING シングゴースト・イン・ザ・シェル夜は短し歩けよ乙女攻殻機動隊花澤香菜週末映画興行成績の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!new
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!
コスプレイヤー・Loluの幼稚園児コスプレがロリコンすぎてヤバイ…もはや超人レベル!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ