この際、清水富美加のことは置いておいて映画『暗黒女子』について語ってみようの画像1
映画『暗黒女子』公式サイトより。

 我々男性にとって、決してその世界に入ることはできず、清らかで崇高なイメージを保たれている場所。それが女子校だ。

 ましてや、ミッション系の歴史のあるお嬢様校となれば、そのハードルと憧れは、一段も二段も上がる。そんな女子校を舞台にした映画『暗黒女子』。

 主演女優、清水富美加の芸能界引退、出家騒動で公開が危ぶまれ、本編とは関係ないところで大きな話題となってしまった。

 当然、あれだけ騒がれたのだから、映画を見ていてまったく彼女のことを考えない、というのは無理だ。ただ、一方でこの映画は、気鋭の若手女優が多く出演しており、アイドル好きとしても見逃せない作品となっている。

 ここはひとつ、彼女の騒動のことは置いておいて、映画の見どころと魅力を語ってみることにする。

 私立の名門女子高「聖母マリア女子高等学院」。ここには選ばれた人だけが参加することができるという「文学サークル」が存在する。学園内に作られたサロンを中心に活動を行い、全生徒の憧れの的ともなっている。

 主催者は、学校経営者の娘、高校3年生の白石いつみ。

 彼女が謎の死を遂げたことから、その真相をめぐって部員たちの語り合いが始まる。主人公と言ってもいいであろう、いつみを演じるのは、飯豊まりえ。

 若い女性の間ではモデルとして有名だろうが、私が印象に残っているのは、2015年に放送されたドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(フジテレビ系)だ。

 メガネをかけたクールな優等生、つるこを演じた彼女は美しかった。その美しさの中に悲しみを抱えて、一人の人を思い続ける役だった。その美しさと演技力は、今回の映画でも遺憾なく発揮されている。

 唯一の1年生部員、二谷美礼役は、今や押しも押されぬ人気女優となった平祐奈。5年前、おはスタにおはガールとして登場したときは、その明るく屈託のないキャラクターに、朝にピッタリの女の子だと感心したものだ。

 同時期におはガールであった岡本夏美、吉川日菜子とともに組んだ「おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!」でアイドル活動を行い、また、女優としても着実にキャリアを積んできた。

 お菓子作りの得意なメンバー、小南あかね役の小島梨里杏。

 14年に『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)でブレークした彼女だが、それ以前はグラビア活動もしており、12年のイベントに行ったときは、参加者全員に手紙を書いて渡してくれるなど、ファン思いの一面を見せてくれたことも忘れられない。

 女子高生作家、高岡志夜を演じたのは清野菜名。彼女もモデルとしての活動が長かったが、アクションもこなせる女優として注目度も高い。今回も年上の男性との関係を匂わせるシーンがあったが、その微妙なニュアンスをうまく演じていた。

 最後は、ブルガリアからの留学生ディアナ・デチェヴァ役、玉城ティナ。ハーフならではのエキゾチックな顔立ちが美しい玉城。個性的という面では、ピカイチだろう。今年は『PとJK』『サクラダリセット』と、話題作に立て続けに出演しており、今後の活躍が期待される。

 そんな魅力的なメンバーが揃った、この映画。前半はとにかく「女子校」という汚れなき世界の美しさを描いていく。緊張の糸がピンと張りつめていくようなイメージだ。そこに「死」「殺人」という要素が入ってくる。

 しかし、その死にはどこか現実味がない。まるでおとぎの国でおきている一つの儀式のように、淡々と殺人の物語が語られる。それがこの作品のキモでもある。

 そして、後半、予告編にもある「驚愕のラスト24分」は、どんでん返しによって物語の真実が明かされていく。この作品の原作は「イヤミス」と呼ばれ、「読んだ後にイヤな気持ちになるミステリー」とのことであった。

 確かに、ストーリーや最後のオチは嫌な気持ちになる人もいるかもしれない。しかし、映画でこれを体験すると、最後は、張り詰めた緊張の糸が一気に解けていき、ひとつの真実に向かって物語が収束していく。驚きや恐怖といった感情が一気に押し寄せてくるようで、それはある種「快感」でもあった。

 これがいわゆる「クセになる」というやつかもしれない。

 女子校という非現実的な世界と、死という現実的な事象。それが物語を通してつながっていく。

 要はバランスなのである。

 我々は本能的に知っている。光にあふれた眩しい世界。しかし、その裏には必ずやその世界を支えている闇となる事実があるであろうことを。

 映画では、「文芸サークルのメンバーが書いた小説」という前提で、その闇の部分が少しずつ語られていく。光の世界と闇の世界が、そのバランスを保ったまま逆転したとき、この映画の真の意味が見えてくる。

 春休みということもあり、劇場には若い女性の姿が多く見られた。

 教師役で出演している千葉雄大の人気もあるだろうが、キャストの多くがモデル経験があり、女の子から見ても憧れの対象であること。そして、もともと女の子はミステリーが好きということもあるのではないだろうか。

 もちろん、私のような若手女優好きには、絶対に見逃せない作品だ。何年か後、ここに出演していた女の子たちが、日本の映画界で重要な役割を担う日が来るように思う。

 そしてそのとき、この作品がある意味伝説として語られるような気がしてならないのだ。
(文=プレヤード)

暗黒女子 (双葉文庫)

暗黒女子 (双葉文庫)

過激すぎるラストにご注意を

この際、清水富美加のことは置いておいて映画『暗黒女子』について語ってみようのページです。おたぽるは、その他映画あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。サクラダリセットプレヤード千葉雄大小島梨里杏岡本夏美平祐奈暗黒女子清水富美加清野菜名烈車戦隊トッキュウジャー玉城ティナ飯豊まりえの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
SeeUが『妹さえいればいい』より可児那由多のコスプレ披露!お次はあのフィギュアを再現してほしい!!new
佐伯香織が初イメージDVD『フレグランス』発売!セクシーなお風呂シーンで泡まみれになって…??
森山りこの1メートルJカップおっぱいと『Together しようJ』!! 水着の上下左右からハミチチしまくりのメートルおっぱいに乳ニストたちが狂喜乱舞!?
葉月佐和が最新DVD『彼女萌え!』発売!こんなGカップ彼女がいたら、あんなことやこんなことも…萌え妄想爆発!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…