乃木坂・高山一実のサンコスプレにファン大興奮「かずみんアメイジングもののけ姫」「共に生きたい」 の画像1
乃木坂46『高山一実』オフィシャルサイトより。

 4月3日に乃木坂46の高山一実、通称かずみんが自身のブログを更新。ジブリアニメの傑作『もののけ姫』のヒロイン・サンのコスプレ姿を披露した。この姿にファンから「かすみんのサンコス最高に可愛い!!」「もののけかずみん大好き!!」と歓喜の声が続出中だ。

 自身もアイドルながらアイドルオタクとして知られる高山は、4月3日のブログで女優・グラビアアイドルとして活躍する吉岡里帆への愛を叫んだり、握手会の様子について報告したりと通常通りのブログを更新。自身の出演する番組の告知もちゃっかり入れ、ブログは終了かと思われたが、ブログの最後で「もののけから」とサンのコスプレ姿の写真を披露した。

 写真の撮影場所は、幹の太い立派な木々が生い茂る山の中。高山は、木の陰と木漏れ日が混ざり合う中で、白いひざ丈の服を身に着け、背中を覆う毛皮を纏い、どこか遠くを見つめている。この幻想的な姿には、ファンも「かずみんアメイジングもののけ姫」「共に生きたい」「口で一回噛んだ肉も余裕で食べれる」と大興奮。

 このサンのコスプレは、3月22日に発売された乃木坂46の17thシングル「インフルエンサー」(SMR)特典映像の“個人PV”で披露されたもの。乃木坂46の公式YouTubeチャンネルには予告PV動画が上がっており、高山だけでなく全メンバーの“個人PV”をチラ見することが可能。例えば齋藤飛鳥の個人PVでは、ねずみの耳をつけた飛鳥マウスが街に現れ、白石麻衣は個人PVで女主人に扮している。しかし、高山の予告PVは「高山一実のそこそこ高い山!」というタイトルの冠番組のロケで、高山が山に上るという謎設定。しかも次々と不可解な出来事が起こり、予告PVの最後にはサンの靴らしきものが山の中に落ちている……。

 シングル発売前から「かずみんのだけバラエティ感半端ない」「ただただ内容が気になる」「可愛いとかそういうの横に置いてかずみんのが一番観たい(笑)」と注目を集めていたのだが、発売後実際に観たファンからは「17thシングル個人PVの中で一番笑った!」「ありえないくらい可愛いと同時に、一人だけ毛色の違うかずみんがやっぱり大好きだと再確認した」と大好評。「これはぜひシリーズ化してほしい」「地上波で毎週観たい」と続編(?)を望む声まで上がっている。

 一体、高山はどのような体験を経てサンの姿に扮することになったのか。写真の可愛さはもちろんなのだが、今はその経緯が気になって仕方がない。

乃木坂・高山一実の“サン”コスプレにファン大興奮「かずみんアメイジングもののけ姫」「共に生きたい」 のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優コスプレホビーもののけ姫乃木坂46高山一実の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…