――じいさんの頑固でやさしいゲンコツは、少女に届くのか。さまざまな女の子の出てくるマンガを収集し、アニメを観賞しまくるコンテンツの鬼、たまごまごが全話レビューします。原作との違いもおさえていくよ!

『アリスと蔵六』1話 思てたんと違う! TL騒然、お姫様ドレス少女の逃亡劇の画像1
TVアニメ『アリスと蔵六』公式サイトより

1話「赤の女王、逃げる」は1時間スペシャル!

 「俺は曲がったことが大嫌いなんだ」。原作・今井哲也(徳間書店)、監督・桜美かつし、J.C.STAFF制作のアニメ(公式サイト)。頑固爺さん・樫村蔵六(かしむら・ぞうろく/演:大塚明夫)の元にやってきた、妙な力を持つ少女・紗名(さな/演:大和田仁美)を巡る物語。第一話は1時間スペシャル。Twitterのタイムラインを見ていると「ハートフルストーリーだと思ってたら違う」と言う声がちらほら。名作劇場のような、そうでもないような。

■いきなりのナイス改変

 深夜雨の中、シャツ一枚で「研究所」から逃げだした少女・紗名。通称「赤の女王」。それを追う怪しげな人たち。
 冒頭からいきなりのアクションシーン。原作一話は蔵六がヤクザのとの取引後、コンビニで紗名と出会うシーンからはじまるので、大幅な改変だ。

『アリスと蔵六』は、複雑な過去を背負ったキャラが多い。人物の生き方や視点を一つずつ描いていくのが、原作のおいしいところ。ただ、アニメでそれを全部やるとなると、各々のキャラの登場まで時間がかかってしまう。今回1時間放送にして、最初に主要キャラをチラ見せしたのは、ナイス改変!
 中でもミニー・C・タチバナの操る、でかくて毛モサモサの腕が目立つのなんの。登場人物の特殊能力は、この話のキモ。だが紗名の力は「イメージしたものならなんでもあり」と、かなりわかりづらいので、見た目からわかりやすいこれを最初に持ってきたのは、うまい。


■ゲンコツでできること

 少女と大人がメインで出て来る作品の多くは「純粋な子供に出会って大人が成長する」話と「大人に出会った子どもが成長していく話」比重を調節しながら、物語が組み立てられる。
 このアニメの第一話は、後者極振り。頑固爺さんが何も知らない子どもに、道徳教育をしている。

 人前で、迷惑を考えずに能力を使い、めちゃくちゃにした雛霧あさひ(双子の姉・鎖のついたものはなんでも呼び出せる)と雛霧よなが(双子の妹・弓矢を自由に操る)。そして紗名。初対面の子ども、三人の頭をわしづかみにして、ゲンコツ。
 蔵六が最も重んじているのは、自分自身で「曲がった」ことに気づけるかどうか。
 コンビニで、紗名は蔵六の名前や生年月日など、プライバシーを読み取った。そのあとに取引を持ちかけた。

 紗名「お前、今から私と取引しないか? 取引すれば願い事をなんでも叶えてやるぞ!」

 蔵六はそれを「脅迫」だと言う。紗名は「そんなつもりじゃない」と言うが、結果脅迫になってしまったことに違いはない。彼女は自分で気づけていない。
 人の集まる場所に「力を使ってみろ」という。「辺り一面血の海だ」と言われて、紗名はたじろぐ。
 蔵六のしつけ方は、無理やりな押し付けがない。紗名の中に良心があることを信じて、会話をして、自分で考えさせる。

『アリスと蔵六』1話 思てたんと違う! TL騒然、お姫様ドレス少女の逃亡劇のページです。おたぽるは、作品レビュー17年4月期アニメJ.C.STAFFたまごまごアリスと蔵六コミックリュウ今井哲也大和田仁美大塚明夫田村ゆかりの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!new
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!
コスプレイヤー・Loluの幼稚園児コスプレがロリコンすぎてヤバイ…もはや超人レベル!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ