今こうしている現在も着々と進化を遂げている人工知能(AI)だが、昨今の急激な進化に警鐘を鳴らしているうちの一人がビル・ゲイツ氏だ。具体的にAIの何が危険なのか、なんと先日ゲイツ氏みずから「Reddit」にてAIの脅威を書き込んでいる。

人工知能のシンギュラリティ到来は意外に近い!? ビル・ゲイツが警告するAIの脅威!の画像1
「Futurism」の記事より。

■「東ロボくん」が東大受験をあきらめた理由は?

 東京大学の合格を目指して入試問題の学習を積み重ねてきた人工知能「東ロボくん」が昨年末、受験をあきらめたというニュースが報じられて話題を呼んだ。昨年はAIが囲碁チャンピオンを撃破した画期的な年であっただけに、東大受験(ごとき!?)をあきらめたことを意外に感じた向きも多かったのではないだろうか。

 東ロボくんが受験をあきらることになった最大の理由は、国語や英語の「長文読解問題」への対策に根本的な欠陥がある点だ。現状の人工知能の技術では、読解力を問われる問題において正解に近づく方法を確立することができないのである。

 英語の空欄穴埋めのような問題であれば、過去問題の膨大な学習記録から確率的に“正しそうな答え”を選ぶことができるAIだが、蓄積した知識がそのまま活用できない読解問題では、今のところお手上げ状態。この致命的な能力不足が昨今ますますクリアになってきたことで、「東ロボくん」の東大受験はいったん中断されることになったようである。

 では今後もAIは読解力問題にまったく手も足も出ないのだろうか?

「Reddit」の書き込みによれば、まさにビル・ゲイツ氏の最大の関心はその点にあるようだ。

「今現在、コンピュータは本を読むことができず、知識の表現の仕方もわからないため受験に合格することはできません。(しかし)ある日コンピュータが人間と同じように文章を読んで理解できるようになった時、とてつもない事態を迎えることになります」(ビル・ゲイツ氏)

 現在も各方面で着々と人工知能の研究開発が積み重ねられているが、AIが文章を読んで理解した時こそがゲイツ氏が恐れる“シンギュラリティ(技術的特異点)”の到来ということだ。そして“その日”は、今の世代が生きている間にやってくることも示唆している。“その日”以降の人類社会がどのように変化を遂げるのか興味深いものの、確かに脅威も禁じ得ないだろう。

人工知能の“シンギュラリティ”到来は意外に近い!? ビル・ゲイツが警告するAIの脅威!のページです。おたぽるは、その他ホビーAIビル・ゲイツ人工知能の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
SeeUが『妹さえいればいい』より可児那由多のコスプレ披露!お次はあのフィギュアを再現してほしい!!new
佐伯香織が初イメージDVD『フレグランス』発売!セクシーなお風呂シーンで泡まみれになって…??
森山りこの1メートルJカップおっぱいと『Together しようJ』!! 水着の上下左右からハミチチしまくりのメートルおっぱいに乳ニストたちが狂喜乱舞!?
葉月佐和が最新DVD『彼女萌え!』発売!こんなGカップ彼女がいたら、あんなことやこんなことも…萌え妄想爆発!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…