東京で生きるか田舎で暮らすか、それが問題だ──ドラマ『東京タラレバ娘  』第7話レビューの画像1
ドラマ『東京タラレバ娘』公式サイトより。

 東京に出てきて15年ほどになる。

「年を重ねれば田舎の良さもわかる」などと言われてきたが、今のところ東京の華やかさと便利さに満足し、そこまでの境地にはたどり着いていない。ただ、田舎で家庭を持ち、幸せそうに暮らしている同級生などを見ると、それも一つの幸せなのかな、とは思う。

『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)第7話で、香(榮倉奈々)が、訪れた田舎の町に感動して言う。

「この町にお嫁に来たら、ここに住めるんだよ!」

 はたして、都会と田舎、どちらで暮らすのが幸せなのだろうか?

 早坂(鈴木亮平)から、彼の地元北伊豆観光協会のPRビデオの脚本を頼まれた倫子(吉高由里子)。小さな仕事でもあり、あまり気が進まないながらも原稿を書き上げ、撮影の立ち会いに北伊豆に向かう。

 香と小雪(大島優子)もついてきて、旅行気分を満喫する倫子だったが、飲み会の席で地元の人の熱い思いに触れ、脚本を書き直すことを決意する。

 徹夜で書き上げた翌日、早坂とKEY(坂口健太郎)も現地に現れ、撮影は大成功に終わった。満足感に浸る倫子は、酒に酔った早坂を見てトキメキを感じ、キスをしてしまう。

 一方、東京に帰った小雪は、丸井(田中圭)との不倫関係が父親(金田明夫)にバレてしまう。

「いつか結婚したいと思っているんだとしたら、あの男はやめておけ」

 そう優しく諭され、小雪は迷う。

東京で生きるか田舎で暮らすか、それが問題だ──ドラマ『東京タラレバ娘 』第7話レビューのページです。おたぽるは、アイドル&声優芸能プレヤード吉高由里子坂口健太郎大島優子日本テレビ東京タラレバ娘東村アキコ榮倉奈々田中圭講談社鈴木亮平の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
大澤玲美が初の奥様役に挑戦! リアルな結婚は「撮影で奥様気分を味わったのでもういいかな」new
佐藤レイミがお胸が強調された黒のハイレグ水着姿に挑戦! ベッドのシーンは「甘えたり、命令したり……」
松本菜奈実のボインをチェック!! DMMアダルトアワードの“テッペン”を獲る「ビットボインでボインチェック」とは?
伊川愛梨、私も腰を振って「大人の感じ」を演出!? ロリ巨乳だけど、小さめ水着も「意外と大丈夫」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…