アイドルの処方箋 第6回

——地下アイドル“海”を潜行する、姫乃たまがつづる……アイドル界を取り巻くココロのお話。


170228_himeno01.jpg

 割れんばかりの歓声に包まれながら、観客に背を向けないよう、笑顔で手を振って舞台から立ち去る。

 満員の客席では、誰もが笑っていて、穏やかな夢でも見ているような表情をしていた。舞台袖の床に貼られた見切れ線のテープを越えた瞬間、私は楽屋へつながる階段の手すりにすがって、目頭を押さえた。

 演奏を終えたゲストミュージシャンたちが、私の姿を見て拍手をしながら微笑んでいる。楽屋の前で待ってくれていたヘアメイクさんが、そっと微笑みながら、私とカメラマンだけを楽屋へ入れて、外から扉を閉めた。楽屋の白い蛍光灯が、ワンマンライブの終演を告げる。

 私は、アイドルになれたのだろうか。

■僕とジョルジュ――世代を越えてサブカルチャーが交錯する、東京のアンダーグラウンド

 2017年2月7日、渋谷WWWで私は五年ぶりにワンマンライブ「アイドルになりたい」を開催した。18歳で開催した最後のワンマンライブから、会場の規模は倍以上になっていたが、ソロアルバム『First Order』をリリースしたことや、バンド「僕とジョルジュ」のメンバーに恵まれたことなど、数々の幸運が重なっていた。さらに、東京キララ社やディスクユニオンの社員さんたちをはじめ、振付師の方や、映像、照明などの技術を持った周囲の人たちが自然と集まって協力してくれたことで、フリーランスで活動していることの不自由を何も感じないほど、さまざまな人に支えられて当日を迎えることができた。

 朝早くから、とんでもなく高いところに登って装飾している美術さんたちを見学し、夕方までのリハーサルを経て、楽屋で歌いながらヘアメイクをしてもらっている頃、WWWのゆるやかな螺旋階段を降りて来場してくださった方々には、1枚ずつ香水を振りかけた御礼状が配られていた。

170228_himeno02.jpg

 いつものライブと違って、直接お話できない人がたくさんいるのは寂しいことだったので、少しでも気持ちが伝わればと思っていた。

 ロビーでは、音楽や演技を生業としている豪華なスタッフさんたちが、この日に発売された新譜や写真集を販売してくれており、客席は和ラダイスガラージの中村保夫さんによるDJで、ゆったりとしたダンスフロアと化していた。

 後から知ったのだけれど、この時、ロビーと言わず、客席と言わず、至るところで、あらゆる人々の再会が繰り広げられていたそうだ。昔ミュージシャンだった人が、レーベルで働いていた人が、作家だった人が、そのファンや関係者が、「えっ、なんで地下アイドルのライブにいるの?」を枕詞にして再会を喜んでいたという。

 これは、ずっと誰かの共通言語になりたいと思って活動してきた私にとって、嬉しい話だった。ただ、どうしてそれがこの日に現実になったのか、私にはわからない。もったいないことである。

 楽屋のモニターから、開演前の舞台と、満員のフロア前方を見ていた。すでに400人以上の観客が駆けつけていて、一度退出したら戻って来られないほど混雑していたことを、この時の私はまだ知らない。

5年ぶりのワンマンライブを終えて——姫乃たまはアイドルになれたのか?のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優連載アイドルの処方箋キスシーン地下アイドル姫乃たまの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
new
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!

ギャラリー一覧

最近のセクシー女優さんはみんなキレイでカワイイよな!!
『銀魂』も面白かったけど『斉木楠雄のΨ難』もすごーく面白かったよ!