1703_meshi.jpg
『球場三食』(作:渡辺保裕、講談社)

 本日3月31日、いよいよプロ野球が開幕! 「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」も大盛り上がりのうちに閉幕し、近年は観客動員が回復しているといわれているプロ野球。中でも密かに人気になっているのが、球場で個性的なメニューが続々と登場する「球場メシ」。

 それを、細かな野球の豆知識とともに「うまそー」に紹介しているのが、「アフタヌーン」(講談社)で連載中の野球観戦漫画『球場三食(きゅうじょうさじき)』だ。

 球場観戦に一家言を持つ主人公が全国のスタジアムへ赴き、ウンチクをたれながら球場メシを堪能するという、ありそうでなかった野球漫画でありグルメ漫画は、どのような取材をして描いているのか? 作者の渡辺保裕先生を直撃した。

1703_meshi02.jpg
撮影:松沢雅彦


■きっかけは野球好き同士の会話から

── 『球場三食』は、主人公・日下昌大(くさかまさひろ)が独自の“観戦心得”をもってプロ野球の球場を訪れ、こだわりの球場メシを食し、色々なウンチクをこぼしながら、野球観戦を堪能するというストーリーです。野球マンガとしては、ありそうでなかったテーマですね。どういう経緯で連載に至ったのですか?

渡辺保裕(以下、「渡辺」) 私は『ドカコック』(週刊漫画ゴラクほか)というグルメ漫画も描いていますが、その編集の共通の知り合いを通じて現在の担当である講談社の編集を紹介してもらったんです。それで、一緒に食事をしたときに「野球ものやりたいですよね」というお話になって、「野球ものでメシものはどうか」とご提案いただいたんですよ。そこから球場メシをメインに据えてネームを描きだした、という流れです。

── ちょうど食べ物を描く作品も手がけていたので、ノリ良く決まっていった感じですね。

渡辺 でも、しばらくは寝かせた状態になっていたんですよ。その間は明治神宮球場(以下「神宮球場」)に通い詰めながら、“下調べ”と称して神宮球場の大概のメニューを食べつくしました。そのなかで、「ライトスタンドにある『ルウジャパン』のソーセージのメガ盛りはメインイベントだよな」とかいろいろ練りながらぼちぼちネームができてきた頃に、「◯月◯日〆切りで」という話が来たので、急いで描いて持っていったんです。そこからは(連載開始まで)トントン拍子でしたね。

── 連載初回の神宮球場編以降も、ご自身で実際に球場に行って、実体験的に取材しているのですか。

渡辺 もちろん。元々野球好きなので事前に知っていることはあるし、先にある程度調べますけど、球場に行って得ていることが多いです。

── 主人公の日下は、球場観戦に行く際に自己ルールを決めています。「野球観戦日の食事は三食すべて球場内で調達する」というのもそのひとつで、それが漫画のタイトルにも結びついています。渡辺先生も野球観戦のときには同じようにしているんですか?

渡辺 さすがにそれは(笑)。でも、やってみたことはありますよ。夏場だったので1杯目のビールは死ぬほど美味しかった。球場メシの楽しみ方としてはアリじゃないですかね。

球場三食(1) (アフタヌーンKC)

球場三食(1) (アフタヌーンKC)

猛烈に球場に行きたくなってきます

本日プロ野球開幕! プロ野球といえば“球場メシ”!! メシ情報とウンチク満載の球場食漫画『球場三食』 作者・渡辺保裕 インタビューのページです。おたぽるは、catインタビューマンガ&ラノベ出版業界事情アフタヌーンインタビュードカコック渡辺保裕球場三食近鉄バファローズの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…