作者がフリーダム過ぎる! マンガ大賞2017『響~小説家になる方法~』授賞式レポートの画像1
左:柳本氏による受賞イラスト、右:『響~小説家になる方法~』第5巻

 マンガを肴に酒を飲みたい!
 面白いと思ったマンガを、その時、誰かに薦めたい!!

 マンガをこよなく愛する有志が無報酬で集まり、『ちはやふる』『テルマエ・ロマエ』などの傑作を世に知らしめてきたイベント「マンガ大賞」(http://www.mangataisho.com/)。その記念すべき10回目の大賞作が決定し、3月28日、ニッポン放送イマジンスタジオで授賞式が催された。

 2016年中に単行本が発売された膨大なノミネート作品(8巻以下に限る)から大賞に輝いたのは、『響~小説家になる方法~』(柳本光晴/小学館)。異端の感性を持った高校1年生の天才文学少女が、出版社に送りつけた1本の応募作。それが徐々に周囲を巻き込み、衰退した純文学界に旋風を巻き起こしていく、という異色の青春&文学ストーリーだ。

 過去10回のうち、小学館タイトルの大賞獲得は最多となる4回目。そして昨年の『ゴールデンカムイ』に続き、初めて2年連続で男性作家の受賞となった。

 大賞候補に残った13作品のタイトルと作者名、最終獲得ポイントは以下のとおり。

『響~小説家になる方法~』柳本光晴 67pt
『金の国 水の国』岩本ナオ 64pt
『ダンジョン飯』九井諒子 63pt
『アオアシ』小林有吾・協力:上野直彦 60pt
『波よ聞いてくれ』沙村広明 48pt
『約束のネバーランド』出水ぽすか・白井カイウ 43pt
『ゴールデンゴールド』堀尾省太 42pt
『ファイアパンチ』藤本タツキ 37pt
『ハイスコアガール』押切蓮介 33pt
『からかい上手の高木さん』山本崇一朗 30pt
『私の少年』高野ひと深 20pt
『東京タラレバ娘』東村アキコ 18pt
『空挺ドラゴンズ』桑原太矩 9pt

 実写ドラマ化された『東京タラレバ娘』、2年連続ノミネートとなる『ダンジョン飯』『波よ聞いてくれ』、ネットユーザーから支持を集める『約束のネバーランド』『からかい上手の高木さん』など、ここまで残ったのは有力作ばかり。1位から4位が7pt差にひしめく、例年にない激戦だった。

 それでは授賞式の様子を、大賞作家となった柳本氏の“フリーダムぶり”を中心にレポートしていきたい。

作者がフリーダム過ぎる! マンガ大賞2017『響~小説家になる方法~』授賞式レポートのページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ出版業界事情マンガ大賞小学館柳本光晴浜田六郎響~小説家になる方法~の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!