【劇場アニメレビュー】ゲストヒロイン・ユナ(神田沙也加)の歌唱力がすごい! イチゲンでも楽しめる『劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―』の画像1
『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』公式サイトより。

 アニメーション映画『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』は、2012年に第1期、14年に第2期が放送されたTVアニメーション・シリーズ『ソードアート・オンライン』のその後の世界を、原作者・川原礫自らが描いた完全新作オリジナル・ストーリーを基として、新たなドラマを描いたもの。 

 その前にTVアニメ版『ソードアート・オンライン』がどのようなお話であったかをかいつまんで記すと、VR(仮想現実)世界で繰り広げられるゲーム“ソードアート・オンライン”(以下、「SAO」)内から現実世界に戻れなくなり、ゲームでの死=現実世界の死と化した悪夢の中、ゲームクリアをめざして主人公キリトたちが死闘を繰り広げていくというもの。

 そして本作は、それから数年後の2026年を舞台に、AR(拡張現実)型情報端末“オーグマー”によって拡張された現実世界で繰り広げられる次世代ゲーム“オーディナル・スケール”(以降)に参加する、かつてを「SAO」を体験し、現実世界に帰還できた者たちが次々と謎の存在に襲われていく……。

 と、以上は宣材からの受け売りで、こうやって自分で書いていても実はわかったような、よくわからないようなところがあるのだが(!?)、要はVRからARへとゲーム世界が代わり、安全性と利便性が高まったはずなのだが、やっぱり新たな危機が主人公たちに迫りくる――そうまとめて考えると、さほど難しくないし、実際に観賞し始めると感覚的に理解できてしまう節も多々あって、すこぶる面白い。

 実は私自身、今回はあえてTVシリーズを未見のまま劇場版に接してみて、どこまで内容を理解できるか試してみることにしたのだが(と言えば聞こえはいいが、忙しかったので、単にズボラしただけ!?)、映画の冒頭でTVシリーズのあらましが端的にわかりやすく語られていて、もうそれだけで十分なまでに、映画本編に入り込むことができた。

 TVアニメから派生した劇場版について、「TVを見ていないと理解できないだろう」といった旧来のファンによるネットの書き込みなどをよく目にすることがあるが、実際のところ作り手の多くは初見の観客に対してもいかにわかりやすくドラマを伝えるかに腐心し、その上でTV版に接してもらうきっかけになってほしいと願っているものである。

【劇場アニメレビュー】ゲストヒロイン・ユナ(神田沙也加)の歌唱力がすごい! イチゲンでも楽しめる『劇場版ソードアート・オンライン―オーディナル・スケール―』のページです。おたぽるは、アニメ作品レビュー劇場アニメレビュー劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-増當竜也川原礫神田沙也加の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…