『この世界の片隅に』累計興収20億円突破! 首位は『相棒』、矢口史靖監督作も【週末映画興行成績】の画像1
映画『この世界の片隅に』公式サイトより。

 2月11日~2月12日分の週末映画興行成績(興行通信社)が発表されたので、今週もオタク目線でお届け。

 人気テレビドラマ『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)の劇場版4作目『相棒 劇場版IV首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』が初登場で首位獲得! 全国347スクリーンと大規模に公開され、土日2日間で動員31万6,539人、興収4億174万3,800円を上げた。東映の発表では動員数が2014年に公開された前作の190%にあたるとか。これは最終興収44億4,000万円を記録し、シリーズで最もヒットした1作目と比較すると100%となり、同シリーズでも過去最高レベルの最終興収を目指せる勢いのあるスタートを切った。

 次いで2位も初登場の『サバイバルファミリー』。『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』で知られる矢口史靖監督の最新作がランクイン。電気の使えなくなった世界を舞台に平凡な家族が奮闘する姿を描いた同作は、土日2日間で動員13万人、興収1億6,500万円を記録し、矢口監督の前作『WOOD JOB! 神去なあなあ日常』とスタート時点の興収を比べると154.2%となり、こちらも順調な滑り出しを見せている。

 そして3位は初登場作品に押される形で先週1位の『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』が位置し、4位に『キセキ あの日のソビト』、5位にマーベル・スタジオの『ドクター・ストレンジ』と続いた。6位には『君の名は。』が先週より2つランクを落としたもののしぶとくランクイン。

 その後7位には初登場の『マリアンヌ』が滑り込んでいる。巨匠、ロバート・ゼメキス監督の描くラブストーリーで主演はブラッド・ピットという話題作。150館という中規模公開としては健闘を見せているようだ。

『この世界の片隅に』累計興収20億円突破! 首位は『相棒』、矢口史靖監督作も【週末映画興行成績】のページです。おたぽるは、その他映画この世界の片隅にのん劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-相棒週末映画興行成績の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ