「やべぇぇぇえ! 初期の作画思い出して胸アツなんだが!」『DB超』の作画がまるで『ドラゴンボールZ』に戻ったと話題の画像1
『ドラゴンボール超』公式サイトより。

『ドラゴンボール超』(以下、『DB超』/フジテレビ系)の1月29日放送回にて、次回2月5日放送回・第77話から突入する新章「宇宙サバイバル編」の予告が放送されたのだが、その作画に「やべえぇぇぇ! なんだかめっちゃ懐かしい感じになってるやんけ!」と大興奮の声が上がっている。

 次回予告では、悟空が全王様に武道大会を開いてもらおうと訴える様子が、悟空のナレーションで説明されている。さらにその音声バックでは悟空が荒野のようなところで銃を持つ男と戦うシーンや、ブルマの2度目の妊娠&ベジータの慌てている様子、悟空とウイスが戦っている姿などが描かれているのだが、その作画の綺麗さに「ぐわぁぁぁ! 次回の作画すんばらしいじゃねーか!」「なんか久しぶりにグッと来た」と絶賛の声が相次いでいる。

 そしてただ作画が良いわけではなく、どことなく『ドラゴンボールZ』に近いものを感じるといった声も。確かに超サイヤ人に変身する際の色の塗り方や、悟空が戦っている際の線の感じが初期のアニメを彷彿させると、ファンの間で「DBZの頃の作画思い出して胸アツなんだが」「あぁぁ! 作画が昔みたいになってて楽しみで仕方ない!」「いつものヌルテカじゃなくて、90年代の放映時みたいな感じが嬉しすぎるぅぅう!」と、話題になっているようだ。

 実は作画の良さは「宇宙サバイバル編」の予告PVでも叫ばれていた。悟空と狼のような新キャラクターが激しく組み合うシーンや、ベジータがピンク色の太ったキャラクターと接戦を繰り広げる場面など迫力ある場面が次々と繰り広げられたのだが、これには「ウハーーー! これ今までで最高に作画いけてんじゃね?」「なんか今までと作画違う。金を使うことにしたのか!? かなり良い!」と、重々しく格好いい音楽の相まって、ファンは興奮状態となっていた。

 2015年夏に放送がスタートし、序盤では何かと作画について散々批判が上がっていたことも記憶に新しい『DB超』。ベジータの親指の位置が間違っていたり、戦闘シーンでの動きのぎこちなさに「こいつはひでぇ……目も当てられん」「俺の好きなDBはこんなじゃなかったはずだ」と落胆の声が上がることも。しかしいつしか作画は回復し、「未来トランクス編」では不満の声もほぼ聞かれず、ギャグをちりばめた内容に毎回絶賛が相次ぐほど。

 そこにきて期待を煽る今回の次回予告だ。『DB超』は一体どこまで我々を夢中にさせてくれるのか、「宇宙サバイバル編」で超人気アニメの底力を見せていただきたい。

「やべぇぇぇえ! 初期の作画思い出して胸アツなんだが!」『DB超』の作画がまるで『ドラゴンボールZ』に戻ったと話題のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情DB超ドラゴンボール超宇宙サバイバル編の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…