【アニメレビュー】スタイリッシュ剣戟アクションは今クールイチ!? そして第三話も後味が切なかった『鬼平』第三話「暗剣白梅香」レビュー!の画像1
TVアニメ『鬼平』公式サイトより

 最近の実写時代劇では、もうこんな殺陣を演じることはできないのでは……と思えるぐらい格好いい剣戟アクションを毎話披露してくれているスタイリッシュ時代劇アニメ『鬼平』(テレビ東京系)。原作が池波正太郎ならではというか、 “飯テロ”シーンも抜かりなく用意されていた第三話「暗剣白梅香」をご紹介。

 夜道を一人で歩く平蔵を、覆面で顔を隠した剣士が襲い掛かる! しかもその曲者は応戦する平蔵にかすり傷とはいえ、傷つけるほどの凄腕。妖しげな香りだけを残し、すぐさま撤退する曲者。その曲者の正体は父の仇を討つため、森為之介という元・大洲藩士を探しながら、金で人斬りを請け負う金子半四郎。暗殺を続けるうちに、「血の匂いがとれない」と、お香“白梅香”を身につけるようになっていた彼は、下女おさきとの新生活を夢見て、平蔵に再度襲いかかる……!

 冒頭、いきなり始まった殺陣。作中最強クラスの平蔵に手傷を負わせるほどの腕前の暗殺者との剣戟アクションは、迫力満点。またアクションからOPに入るタイミングも、OPも相変わらず渋く格好いい。このOPは密かに今クールトップクラスの出来栄えだと思う(ただ、EDの入り方は急に感じたりもしたが……)。

 さて物語は、わずかな手がかりをもとに、犯人を絞っていく平蔵たち火付け盗賊改の捜査シーンと、暗殺者に身を落としてしまった金子半四郎と、彼の日常の世話を見る下女・おさきとの悲しいエピソードを交互に重ねながら展開していく。

 江戸時代の“仇討ち”は、これまで多くのメディアで多種多様な物語が語られてきた題材だが、過酷な状況に追い込まれ、身を持ち崩してしまった金子半四郎は哀れの一言。また健気なおさきと接するうちに、少しずつ明るい未来を願うようになる展開は、どう見ても死亡フラグを次々と建ててるようにしか見えなくて、悲しくなってきてしまうほどであった。

 一方で、注目すべきは第1話「血頭の丹兵衛」で登場、平蔵から「密偵にならないか」と誘われていた粂八の再登場&舟宿「鶴や」の代理主人に納まる展開だろう。粂八も「鶴や」も、原作小説『鬼平犯科帳』(文藝春秋)では、繰り返し登場する重要人物であり拠点。有能だし、平蔵とは縁も深いので、アニメから入った人にはぜひ彼を覚えていてほしい。

鬼平犯科帳 第1シリーズ 1

鬼平犯科帳 第1シリーズ 1

かなり意識している感じがします、あわせて鑑賞したい

【アニメレビュー】スタイリッシュ剣戟アクションは今クールイチ!? そして第三話も後味が切なかった『鬼平』第三話「暗剣白梅香」レビュー!のページです。おたぽるは、アニメ作品レビュー17年1月アニメ白梅香羽衣煎餅鬼平鬼平犯科帳の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
SeeUが『妹さえいればいい』より可児那由多のコスプレ披露!お次はあのフィギュアを再現してほしい!!new
佐伯香織が初イメージDVD『フレグランス』発売!セクシーなお風呂シーンで泡まみれになって…??
森山りこの1メートルJカップおっぱいと『Together しようJ』!! 水着の上下左右からハミチチしまくりのメートルおっぱいに乳ニストたちが狂喜乱舞!?
葉月佐和が最新DVD『彼女萌え!』発売!こんなGカップ彼女がいたら、あんなことやこんなことも…萌え妄想爆発!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…