劇場アニメの隆盛で日本アカデミー賞に動き!? 東宝1人勝ち状態に、東映&松竹&角川はねぇどんな気持ち?だった?の画像1
「第40回 日本アカデミー賞」公式サイトより

 日本最大級の映画賞として知られる日本アカデミー賞。その第40回となる日本アカデミー賞の優秀賞発表会見が16日、開催された。

 当日発表された15賞のなかで優秀アニメーション作品賞も明かされたが、やはり存在界を示したのが『君の名は。』と『この世界の片隅に』。『この世界の片隅に』では、コトリンゴが優秀音楽賞を受賞し2賞。『君の名は。』は、優秀監督賞、優秀脚本賞、RADWIMPSも優秀音楽賞を受賞し4賞となった。そんな勢いを見せたアニメーションへ、東映の岡田裕介会長が熱視線を送る様子が見られていたという。

「会見冒頭から、岡田会長が昨年の概況を振り返る際、『大変にアニメーションが隆盛を極めた1年でございます』と語り出しました。続けて、『今年もそうなろうかと思いますが、そういうことを含めまして、日本アカデミー賞として、どれくらい対処していくか考えていきたい』と、何かしらの動きが出て来る可能性も示唆するなど、ずいぶんと気にかけているようでした」(映画ライター)

 会見では、優秀作品賞、優秀アニメーション作品賞の計10作品中、東宝による配給作品が『怒り』、『シン・ゴジラ』、『64-ロクヨン-前編』、『君の名は。』、『ルドルフとイッパイアッテナ』と5作品という“1人勝ち”状態に。それを受け、とある記者が壇上にいる東映、松竹、角川のお偉方にコメントを求めるという、まるでネット上の煽り=“ねぇどんな気持ち?”のようなストレートな質問が投げ込まれ、現場がハッスルすることもあったのだとか。

「さすがに、この状況をコメントするハメになると思っていなかったのか岡田会長も『世知辛い質問が上がってしまいましたが』と苦笑い。『いま東宝がどうだとか松竹がどうだとかあまり前ほどこだわらなくなってきました』『会員の中で選ばれていますから、東宝さんが昨年選ばれたというのは真摯に受け止めて、われわれも頑張っていきたい』と、大人な対応でした。 

 さらに、岡田会長は『去年はアニメーションの台頭というのが素晴らしいものがあって、劇映画とアニメーションを区別することなくずっとやっていきたいと思っている1人なんですけど、そういう年だったなというのをつくづく感じています』と、さすが長く深くアニメに携わってきた会社だなと思えるコメントだなと」(前出の映画ライター)

小説 君の名は。 (角川文庫)

小説 君の名は。 (角川文庫)

アニメ作品で最優秀作品賞を受賞したのは『千と千尋の神隠し』のみのようです

劇場アニメの隆盛で日本アカデミー賞に動き!? 東宝“1人勝ち”状態に、東映&松竹&角川は“ねぇどんな気持ちだった?”のページです。おたぽるは、その他アニメアニメ業界事情特撮RADWIMPSこの世界の片隅にコトリンゴシン・ゴジラ君の名は。日本アカデミー賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ