――発行部数約230万部(一般社団法人 日本雑誌協会発表)を誇る最強の少年マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)。そんな「ジャンプ」の最新情報をさまざまな角度からレビュー!

週刊少年ジャンプ
「週刊少年ジャンプ」公式サイトより。

「週刊少年ジャンプ」(以下、「ジャンプ」)2017年7号の表紙と巻頭カラーは、「JC(ジャンプコミックス)大重版御礼」と好調の『鬼滅の刃』。17年11号でやっと1周年を迎える作品とは思えない勢いなだけに、今後の展開にも注目したいところ。ちなみに、今回の表紙は銀の特色を使っているせいなのか、いつもよりやや厚めの良い紙。「ジャンプ」も力を入れて推しているのかな、と感じる次第です。

 今年に実写映画の公開が控える『銀魂』は、本日ネットニュースを中心に岡田将生演じる桂小太郎と相棒・エリザベスのビジュアルが初公開されたのだが、今号の「ジャンプ」では掲載ナシ。早売りによるネタバレを防ぐためでしょうか。ちなみに、小栗旬演じる坂田銀時ら万事屋一行のビジュアルも本誌では遅れての公開でした。

 本誌をざっと見て、目についたのは『左門くんはサモナー』。今号掲載の第64話で、なんと露天風呂で“裸のお付き合い”をする女子キャラたちが見開きのコマで掲載! けっこうきわどいイラストです。第60話でヒロイン・天使ヶ原桜のシャワーシーンを省略した際は、柱に「シャワーシーン描くのを渋る沼駿先生にFL(ファンレター)を!!」という一文が載っていただけに驚きでした。

 そんな今週の「ジャンプ」で注目したいのは、『ONE PIECE』の担当編集について。目次にある「OK! JUMPGUY」(編集部コメント)を見ると、5年ほど『ONE PIECE』を担当してきた井笠氏が担当を外れることになったとを伝えている。そして、『ONE PIECE』原作公式のTwitterアカウント(@Eiichiro_Staff)を見ると、『銀魂』などを担当した内藤氏が「原作担当」に、3年弱「原作担当」だった杉田氏が「メディア担当」に就任したとのこと。

 聞きなれない「原作担当」「メディア担当」という言葉だが、これについて公式Twitterアカウントが説明している。原作担当の内藤氏によれば、原作担当は言葉通り、尾田栄一郎とのマンガの打ち合わせ、原稿取りをしていく「マネージャー」。そしてメディア担当はアニメやグッズの監修、そして全体のスケジュールを管理していく「プロデューサー」だという。

 なんでも、「ひとつの作品にふたりの担当がいるのはジャンプで『ONE PIECE』だけ」だそう。「メディアふくめた展開の規模の大きさ、複雑さから、こういう体制になっている」と語る内藤氏。今年は20周年と記念イヤーということで、さまざまな企画を展開すると告知している『ONE PIECE』なだけに、2人の編集は大忙しになりそうだ。
(雑誌やマンガ作品に関して、言及のない限り、版元は集英社。文中、敬称略)

ONE PIECE FILM GOLD

ONE PIECE FILM GOLD

確かに展開多いから一人は厳しそう

「ジャンプ」で唯一! 「原作担当」「メディア担当」……『ONE PIECE』には“2人の担当編集”がいる!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ漫画ONE PIECEジャンプ尾田栄一郎左門くんはサモナー週刊少年ジャンプ銀魂鬼滅の刃の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
ロリコスプレイヤー・桜群が犯罪的かわいさのD.VA婦警コスを披露!逮捕希望者続出中!!new
中国出身コスプレイヤー・シェリーが神崎蘭子のコスプレを披露!中二感満載のハイクオリティコス!
人気コスプレイヤー・シェリーがスクエニの『SINoALICE』からアリスコス披露!かわえぇぇぇぇぇ!
エロゲー大好きAV女優“きずぽん”佐倉絆が、エロゲーレンタルを“初体験”しちゃった!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ