君の名は。
映画『君の名は。』公式サイトより。

 今なお大ヒット上映が続いている映画『君の名は。』。その映画について、『池袋ウエストゲートパーク』(文藝春秋)などの著作で知られる作家の石田衣良が、2017年1月4日に配信された「NEWSポストセブン」の「石田衣良氏の年頭所感 『新海誠氏と宮崎駿氏の違いは』」という記事で、感想を述べている。

 いわく「たぶん新海さんは楽しい恋愛を高校時代にしたことがないんじゃないですか」「恋愛しない人の恋愛小説のパターン」「付き合ったこともセックスの経験もないままカッコイイ男の子を書いていく、少女漫画的世界と通底しています」など。

 なるほど。石田衣良が学生時代どれほど楽しい恋愛してきたのかは知る由もないが、こう書くくらいなのだから、そうしてきた自負はあるのだろう。

 そして一方の新海誠は、石田衣良の名前こそ挙げないものの、Twitter(@shinkaimakoto)で「最近は実に様々なお言葉いただきますが、なぜ面識もない方に僕の人生経験の有無や生の実感まで透視するような物言いをされなければならないのか…笑。いやもう口の端にのせていただくだけでもありがたいのですけれど!」とコメント。

 これについてネット上では、「石田氏は新海監督や宮崎監督の名前を出して有名になりたかったのでは?」「ヒット作が出ないことへの嫉妬でしょ」との批判がある一方、「よく読んでみれば、石田衣良は作品を褒めている」といった意見もあり、見ている我々も収拾がつかない状況だ。

 ただ一つ、私の中でどうしても違和感を感じることがある。

 2人のやり取りからは「高校時代に楽しい恋愛をすることが良い」というニュアンスが受け取れる。

「楽しい恋愛をしてこなかった人」を、やや高い目線から語っている石田衣良は楽しい学生生活を送ってきたのだろうし、はっきりと否定はしていないものの、指摘されたことに対して明らかに不満を感じている文言からすると、新海監督も「俺だって楽しい恋愛してきたぞ」といったところなのだろう。

--

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】“ムチムチ癒やし系”グラドル南野さら、丸裸に!?「なにも身につけずに……」new
【ソフマップ】「一生懸命舐めてますね」“舐めキャラ”グラドル小柳歩がアレを……!?
【ソフマップ】「おっぱいにおにぎりを乗せて……」Gカップグラドル紺野栞が“危ない”先生に!
【ソフマップ】Gカップグラドル森咲智美“愛人”を募集中!?「こんなことされるの……」

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!