〜私は如何にして心配するのを止めてYUIMETALを愛するようになったか〜 第9章

――アイドルにまるで興味なかった。なのにどうして今、私は17歳の女の子を観るために映画館で音と絵を全身に浴びているのだろうか。これは、33歳の男の“メタルレジスタンス”参戦の記録である。

1612_YUIMETAL.jpg
(イラスト/竹内道宏)

■「まさに映画そのものだった。」

 それは衝撃映像だった。

 といっても、LiveLeakなんかで投稿されている衝撃映像の類ではなく、その正反対のものだ。レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスがまさかの神コスチューム姿。とんでもなくシュールな格好でSU-METALにサプライズの誕生日ケーキを渡そうとしている。会場はロンドン・O2アリーナ。壮大な2万人以上のキャパのステージでBABYMETALはレッチリの前座を務めた。現地のファンがYouTubeに投稿した映像の中で、顔面白塗りのチャドの登場を前にして3人が久々に“素”の表情を垣間見せたのだ。
 YUIMETALが驚いてピョンピョンと跳ねながら後退している。その輝きになんとまぁ、その。うわぁ。と、パソコンの前で言葉をなくす。こんな姿を見るのはいつぶりなのか。世界観を重視するBABYMETALで隠されている、子どもみたいな無邪気な笑顔。これをまさかレッチリのメンバーが引き出すなんて思いもよらなかった。

 2016年のBABYMETALは、このような衝撃映像が公式・非公式ともに数多く上げられた。
 4月のロンドン・ウェンブリーアリーナ公演。6月のイギリス/フランスのダウンロードフェスティバルへの出演。7月のアメリカ・APミュージックアワードでロブ・ハルフォード(ジューダス・プリースト)とコラボ。9月の日本・東京ドーム公演2Days。そして12月、レッド・ホット・チリ・ペッパーズとのUKツアー。
 これがたった一年の出来事とは到底思えない。YUIMETALがギターを抱えてお立ち台で煽るのも、飛び跳ねて笑顔を見せるのも、ただでさえ特別なのに。そのロケーションが驚きに満ちている。おいおい、ロブ・ハルフォードと一緒に歌ってるよ。レッチリのフリーがフォックスサインを掲げてるよ。戦争・テロ・処刑などと狂気に満ちた衝撃映像がネット上に溢れ返る昨今、それよりも3人が作り出す壮絶な光景を“衝撃映像”の概念としてすり替えてもらいたい。

--

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】アイドルグループ「PPP! PiXiON」横山あみ、眼帯水着に初挑戦!?「すごく大人っぽくできてると思います!」new
【ソフマップ】“ムチムチ癒やし系”グラドル南野さら、丸裸に!?「なにも身につけずに……」
【ソフマップ】「一生懸命舐めてますね」“舐めキャラ”グラドル小柳歩がアレを……!?
【ソフマップ】「おっぱいにおにぎりを乗せて……」Gカップグラドル紺野栞が“危ない”先生に!

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!