1612_gj.jpg
「グランドジャンプ」No.123(集英社)

 今年9月、「週刊少年ジャンプ42号」で、約40年に渡る『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下、『こち亀』)の超長期連載を一旦終えた、我らが秋本治先生。さすがに少しお休みに入るのだろう……という予想を裏切り、連載終了とともに新作4作を16年冬から「ジャンプ」系各誌に掲載することを発表し、読者・ファンを驚かせたことはまだ記憶に新しいところ。

 その後、いろんな媒体のインタビューに応じたり、TVのバラエティー番組に出演したり、菊池寛賞を受賞したり、ついには12月31日に放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のゲスト審査員を務めることが発表されるなど、精力的な活動を見せていた秋本先生。

 その間も執筆は順調に進んでいたようで、予告どおり12月21日、『こち亀』後、初の執筆作『BLACK TIGER』が掲載された「グランドジャンプ」No.123が発売! 気になるその内容を早速紹介してみたい。

『BLACK TIGER』は南北戦争(1861~65年)直後のアメリカが舞台。治安が悪化した南部の治安を守るために“殺しのライセンス”を与えられた、凄腕の女ガンマン、ブラック・ティーガーが賞金首たち、そして謎の敵と対峙する――というのが大まかなあらすじ。

 まるで昭和の時代のような劇画タッチの絵と墨(黒)の多い紙面都と、美女ブラック・ティーガーの取り合わせは思いのほか良い感じ。連載一発目とあって、どのオッサンも濃く格好よく、かなり細かく描き込まれれている。濃いといえば濃いが、考えてみれば『こち亀』もクドいキャラが多かったので、もともとのファンなら気にならないだろう。

 そして何よりも銃撃シーンが格好いい! 特に冒頭の見開きページのコマ割は、まるで西部劇、映画をそのまま切り取ったかのようで実にすごい。またそんなシーンでも、ミリタリー好きな秋本先生だけあって、銃器はどれもしっかり描き込まれているのも、“らしく”てうれしくなってしまう。

グランドジャンプ 2017年 1/10 号 [雑誌]

グランドジャンプ 2017年 1/10 号 [雑誌]

キャプテン翼、ちびしかくちゃん、地獄先生ぬ~べ~も連載中

秋本治『こち亀』後、初執筆マンガ『BLACK TIGER』登場! 劇画の雰囲気漂う西部劇ガンアクションが格好良すぎる!!のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ作品レビューBLACK TIGERこちら葛飾区亀有公園前派出所こち亀井上雄彦北条司秋本治の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!new
台湾出身のコスプレイヤーAjoが『少女前線』よりM37のコスプレを披露!『少女前線』の日本語化ってそういえばどうなんてんだ??
中国出身のロリ系コスプレイヤー・SeeUが『冴えない彼女の育てかた』加藤恵コス披露!脱三次元しすぎの美白さに鳥肌…
ロリコスプレイヤー・桜群が犯罪的かわいさのD.VA婦警コスを披露!逮捕希望者続出中!!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ