『堕イドル』指原莉乃ならトップ合格!? ずる賢いアイドルを決めるデスゲーム(?) の画像1
『堕イドル』(講談社)

『別冊少年マガジン』にて連載中のマンガ『堕イドル』(原作:ガクキリオ、漫画:山口アキ/ともに講談社)の第1巻が12月9日に発売された。各誌でデスゲームマンガも展開されるようになり、やや食傷気味という人もいるが、そこにアイドルという要素を入れることでやや新鮮さも出ている。

 主人公はマイナーアイドルユニットでリーダーを務める・銀山幸(かなやまこう)。ある日、「堕ちたアイドル」を集めて行われる「堕イドル・オーディション」に強制参加させられてしまう。銀山が参加することになった理由は、街でたまたま少ししゃべっただけの男・灰峰を彼氏だと勘違いされ、「アイドルのくせに彼氏とはけしからん!」という感じ。

ゲーム主催者の意図も正体もまだ明かされていないが、彼氏がいるという理由だけで“落ちた”扱いし、アイドルを命を賭けたゲームに参加させるという狂いっぷりは、ちょっとしたことでネットやSNS上が炎上してしまったりする、現実のオタクとどこか重なるところを感じて少し怖い。主催者側は、理屈が通じないヤバいやつである、という表現にうまくつながっている部分もあると思う。

 さて、そんな成り行きで、銀山は灰峰と共にオーディションという名のデスゲームに挑んでいく。ゲーム内容は説明されるが、クリア条件は明示されない。これこそが『堕イドル』の醍醐味。出題者の意図を読み取り、適切な行動をとってゲームを行うことこそがクリアのカギになるのだ。

「歌やダンスなど何かをしてアイドルとしての魅力をアピールしてください」と出題されても、ただ上手に歌ってダンスをすればクリアになるわけじゃない。「カラオケで歌って」と出題されても、高得点をだせばクリアになるわけじゃない。“堕イドル”らしいふるまいを考えなければならない。ここで銀山を助けるのは、これまた実は超キレ者だった灰峰。すぐさまゲームの意図を見抜いて、銀山に的確な助言をしていく。

 ただのデスゲームとは違い、明確な答えがないようなクイズは、深読みをするならば、バラエティ番組などでアイドルがどう対処すればいいのか、握手会でどう対応すればいいのか、そんな答えがない現実のアイドル世界とリンクするように思える。作中での堕イドル”らしいふるまいとは、言い換えればずる賢く世渡り上手な行動をすることみたいになっているので、多分、指原莉乃が「堕イドル・オーディション」に参加したらトップ合格するような感じ。峯岸みなみもいい感じ、ぱるるとかはヤバいかも。ここらへんがただのデスゲーム漫画とは違う楽しめるポイントだろう。

 しかし、明確な答えがないクイズはかなり作者の力量を問われる。こじつけなり、ハッタリを上手にかまして説得力を出していかないと、ご都合主義的な展開に読者は急に冷めてしまうことだろう。デスゲームは必勝法なり、答えが明かされる瞬間が一番気持ちのいいところ。しっかりゲームのルールがあるデスゲームならばそこに問題はないが『堕イドル』はその点が難しい。万人が納得する。“堕イドル”らしいふるまいを考えるのは至難の業だ。正直、カラオケの答えはかなり怪しいところがあった。今後もどれだけ上手い答えを用意できることか……。

 分担作業だけあって作画はかなり丁寧で綺麗。女の子もしっかり描き分けられていて表情も豊かでかなりかわいい。となると、デスゲームでお決まりのエロやグロを期待してしまうが、残念ながら1巻ではエロは下着姿、グロは泡とよだれを吹いて倒れる程度。せっかく男付きでアイドルたちはゲームに参加しているのだから、もっとこう……、魅せてくれないと!

 世にあふれるデスゲームマンガの中で『堕イドル』はいかに地位を確立し、人気を獲得することができるのか。今後の展開に期待したい。
(文・白子しろこ)

『堕イドル』指原莉乃ならトップ合格!? ずる賢いアイドルを決めるデスゲーム(?) のページです。おたぽるは、マンガ&ラノベ作品レビュー漫画ガクキリオ別冊少年マガジン堕イドル山口アキ白子しろこ講談社の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!new
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!
コスプレイヤー・Loluの幼稚園児コスプレがロリコンすぎてヤバイ…もはや超人レベル!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ