声優誌レビュー「声優アニメディア」2017年1月号

――昨今の声優人気に伴い、気がつけば声優専門誌も定期・不定期を合わせて10誌以上が刊行されている。そんな“声優誌 群雄割拠”の時代にあって、各誌はどのような記事・企画をとりあげているのだろうか? 主要な声優誌を中心に、目玉記事や気になる企画などを紹介しつつ、各誌の特徴を分析していく――

水樹奈々のバイタリティに脱帽!
「声優アニメディア」2017年1月号

「声優アニメディア」2017年1月号
出版社…学研パブリッシング
発売日…12月10日(毎月10日発売)
価格……1,278円+税
創刊……2004年

『声優アニメディア』2017年1月号の表紙&巻頭は、ニューアルバムをリリースする水樹奈々。巻頭は30ページで、記事は計1万字超の大ボリューム。水樹本人が語る2016年の7大ニュースは「77人斬り」や「ロボットに乗って歌った」などの仕事関連から、「富士登山」「料理教室通い」といったプライベートまで、公私ともに充実した様子。忙しいなかでも精力的に行動できるバイタリティが、第一線で活躍を続けられる秘密なのかもしれません。

 今号では気になったページが複数あるが、まずは「Actor's idea Studio」。声優がオリジナル商品を考えるという企画で、当レビューでも2016年7月号の連載第1回について触れている。今号は過去6回の連載を振り返る「特別編」で、これまでに声優が考案したオリジナル商品が紹介されている。

 ただし、どうもこの企画、肝心の「オリジナル商品の告知」が弱いんですよね。誌面では具体的な商品名が記載されないまま、販売サイトのURLを掲載するだけ。そして、サイトに行ってもなかなか商品が見つからず、全体的に詰めの甘さが目立つような気が……。

 まあ、過去に登場した6人がすべて81プロデュース所属というのもあり、必ずしも「声アニ」主導ではないのかもしれない。だが、もう少しおもしろい連載になると思っていただけに少し残念だ。

 続いては、読者投稿ページ「声アニチャンネル」。今号から占いコーナーがスタートし、監修のクレジットには「ナレーター占い師 ぺこぷん」という見慣れない肩書きが。ぺこぷん氏は占い師のようだが、出演番組などを辿っていくと、おそらく俳協所属の女性声優と同一人物のようだ。ぺこぷん氏のツイッターを見る限り、声優活動については触れられていないため、ここで名前を記載するのは控えるが、なんだろう、この「ナレーター占い師」というモヤモヤした肩書きは……。

 さて、そのほかで気になったのは……

久保ユリカ、実家には「誕生日とクリスマス以外はスパゲティを出さない」という謎のルールが存在していた
■メディアミックス作品『ウマ娘 プリティーダービー』の声優陣による新連載がスタート。擬人化ブームはいつまで続くのか……
■ミニマリスト(?)の上田麗奈、最近になって、ようやく冷蔵庫の電源を入れ、中に1本のペットボトルを入れる

……などなど。あと、昨年も書いたような気がしますが、今年の1月号(12月売り)も誌面のクリスマス成分が薄かったですね。新年をまたぐ年越し号ですし、ライバル誌の「声優グランプリ」もクリスマス感はなかったですし、いまどきサンタコスとか流行らないんでしょうか?

 次号が事実上の新年号となり、そちらに注力するからなのかもしれませんが、ここ数年の声優誌のサンタコス不足が気になるのでした。
(文/神楽坂隆)

水樹奈々のバイタリティに脱帽! 77人斬りに富士登山! そして気になる声優誌の“サンタコス”不足…のページです。おたぽるは、cat連載アイドル&声優アニメアニメ雑誌声優上田麗奈久保ユリカ声優アニメディア声優誌レビュー水樹奈々の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!new
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?