1612_1976_01.jpg
あの大ヒットSF映画の裏側に迫る『エルストリー1976』。マニア向けなキャラクターが続々と登場する。

 運命の瞬間がいつ訪れるかを予測することは難しい。人生を振り返る年齢になってから「あぁ、あの日が自分にとっての運命の瞬間だったんだな」と認識することになる。ドキュメンタリー映画『エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街』は、“運命の瞬間”を共に過ごしたことに後から気づいた人々の物語だ。無名の俳優だった彼らは1976年の夏、ロンドン郊外にあるエルストリー撮影所を訪ね、風変わりなコスチュームを身に付け、新人監督が撮る一本のSF映画に出演する。翌年、その映画は『スター・ウォーズ』というタイトルで世界公開され、メガヒットを記録することになる。

 時代を経て、世代を超えて愛されることになる『スター・ウォーズ』シリーズからはC-3POやR2-D2、チューバッカといった人気キャラクターが生まれたが、本作に登場するのはもっと渋く、地味めなキャラたちだ。帝国軍の歩兵部隊ストームトルーパー、反乱軍のパイロット、宇宙酒場に集まる宇宙人などを演じた人々をカメラは追っている。軽い気持ちでオーディションを受け、撮影所に向かい、与えられた奇抜なコスチュームを纏って数日間を撮影所で過ごした。台本を渡されていなかった彼らは低予算のスペースオペラで、テレビ放映用だと思っており、映画史に残る作品になるとは誰も予測していなかった。

1612_1976_02.jpg
1976年の夏は大変な猛暑で、スタジオ内に戦闘スーツ姿で待機しているだけでクタクタになるほどだった。

 脇役ながら『スター・ウォーズ』の世界観を築くのに欠かせないキャラクターを演じた俳優たちが、思い思いに撮影時のエピソードを語る。「スタジオに一人でいたスタッフにコーヒーを淹れてもらった。後からジョージ・ルーカスだと知ったよ」と楽しげに振り返るのは宇宙人グリードを演じたポール・ブレイク。宇宙酒場のウェイトレス嬢を特殊メイクで演じたパム・ローズは、「自分のフィギュアのある役者なんて、大スターでもいないわ」と喜ぶ。1シーンしか映らない端役であれ、ファンから愛され続ける作品に参加できたことをポールやパムは誇らしげに感じている。彼らにとって『スター・ウォーズ』は青春時代の輝かしい思い出となっている。

超有名SF映画のバックステージドキュメンタリー『エルストリー1976』あのメットの中はこんな人だった!のページです。おたぽるは、その他映画エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街スター・ウォーズダース・ベイダー長野辰次の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!new
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…