1612_hentaida_01.jpg
みうらじゅん原作の青春ロックムービー第3弾となる『変態だ』。松本清張も腰を抜かしかねないラストシーンが待っている。

 マイブーム、ゆるキャラ、DT(童貞)、見仏記、シベ超……。まるでヒットしそうにないジャンルなのに、ナイスなネーミングを考案することで流行に変えてしまうサブカル界の巨人・みうらじゅん(以下MJ)。本業だったはずの漫画はすっかりごぶさたしているが、それでも多くの人が漫画家/表現者としてのMJをリスペクトしているのは、1992年に発表した自伝的コミック『アイデン&ティティ』(青林堂)の存在が大きい。学生時代からバンドを組んでいた主人公・中島は自分の理想とする音楽を極めるか、それともコマーシャリズムに乗った売れる音楽を追求するかで悩み続ける。『アイデン&ティティ』は田口トモロヲ初監督作として2003年に実写映画化され、青春映画の金字塔としてロングランヒットを記録した。エンドロールでボブ・ディランの名曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」が流れたあの感動から10余年。“もうひとつのアイデン&ティティ”とも言える映画『変態だ』が12月10日(土)より公開される。

 MJの高校時代を描いた自伝的小説『色即ぜねれいしょん』も田口トモロヲ監督によって2009年にいい感じに映画化されたが、『変態だ』は意外性のある顔合わせとなっている。本作で監督デビューを果たすのは、MJと『笑う洋楽展』(NHK-BS)で共演中の安斎肇。イラストレーター&デザイナーが本職である安斎肇に加え、撮影監督はスチールカメラマンとして著名な三浦憲治、主演俳優にはシンガーソングライターの前野健太を起用。前野健太は松江哲明監督のドキュメンタリー映画『ライブテープ』(09年)、『トーキョードリフター』(11年)に主演しているが、俳優としては未知数の存在。どんなセッションが繰り広げられるのか、まったく予想できない。

16121_hentaida_02.jpg
メジャーデビューを果たした男(前野健太)はかわいい妻(白石茉莉奈)と家庭も手に入れたが、それだけでは満たされなかった。

“笑う洋楽展”みうらじゅん&安斎肇コンビが放つポルノムービー『変態だ 』。衝撃のラストシーンに思わず絶句!?のページです。おたぽるは、その他映画みうらじゅんセックス前野健太変態だ安斎肇長野辰次の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…