1612_pq.jpg
(C)東映アニメーション / 「ポッピンQ」Partners 2016

 卒業を直前に控えた、中学3年生の少女たち5人が奇跡の出会いを果たす――ふとした出会いから“ひょい”と異世界へと入り込んでしまった彼女たちは、ポッピン族が住む「時の谷」や世界を救うためにダンスを踊ることに……!

 東映アニメーションの60周年記念プロジェクトという非常に重たそうな看板を背負い、気合みなぎるオリジナル新作を描く宮原直樹監督は、『プリキュアオールスターズDX 3Dシアター』をはじめ、『プリキュア』シリーズのEDでCGディレクターを務め、プリキュアたちの超キュートなダンス映像を制作してきたクリエーター。なおかつ、TVアニメ『ドラゴンボールZ』、『ドラゴンボールGT』の作画監督も経験するなど、作画にも定評がある。

 そんな宮原監督のもと、キャラクター原案にライトノベル『キノの旅』(作:時雨沢恵一/電撃文庫)でも知られる黒星紅白を招いた『ポッピンQ』の公開ももうすぐそこ(12月23日公開)。

 3DCGダンス、超作画によるアクション、小っこくて可愛いポッピン族、悩みを抱えた少女たちの卒業物語――要素たっぷりの『ポッピンQ』の魅力を、宮原監督に語っていただいた!


■CGのダンスと作画でのアクション――2つをつなげられればと

―― いわゆる冬休み映画となるよう公開が前倒しになったり、制作は順調に進んだようですが、企画が動き出したのはいつごろからなんですか?

宮原直樹(以下、「宮原」) 作品づくりとしての実作業は2年ちょっと前くらいからなんですが、企画自体は2011年の後半ぐらいから動いていましたかね。「file(N):project PQ」というプロジェクト名を公表したのが、15年の頭ぐらいでした。

―― 『プリキュアオールスターズDX 3Dシアター』の作業が終わったころですか?

宮原 ちょうど終わってからです。オリジナルの新企画をとなったとき、やはり3DCGダンスを使ってみようというと。ただ、これまではキラキラした華やかなステージで、ショー的なところをいろいろ突き詰めていきましたが、他社さんでも同じようにステージを生かした作品が出てきまして。

新しい iPod touch 5th用 ポッピンQケース iPod touch 5th ポッピンQ携帯ケース 保護ケース 携帯電話ケース

新しい iPod touch 5th用 ポッピンQケース iPod touch 5th ポッピンQ携帯ケース 保護ケース 携帯電話ケース

監督は謙遜してましたが「アニメ映画大当たりの2016」、ラストを飾るに相応しい1本と思いますよ

--

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】軟体グラビアアイドル松田麗が、ほぼ下着で!?「いろんなポーズを……」new
【ソフマップ】グラビアアイドル宮脇麻那、Tバック姿で“アレ”が丸見えに!?「恥ずかしかったです……」
【ソフマップ】グラビアアイドルゆうみの“Hカップ”がこぼれそう!?「揺れてます」
【ソフマップ】グラドル野々宮ミカ、“ポロリ必至”!?「露出にハマる……」

ギャラリー一覧

VR×エロ最高!!!!!
おそ松もまさか舞台化されるとは…!