1612_rwby.jpg
『RWBY』公式サイトより

 魔物を退治する専門家“ハンター”を育成するための学校、ビーコン・アカデミーに入学した15歳の少女ルビーを主人公に、彼女の友人やライバルたち共に学園生活と戦場とを往来していくアメリカのアニメーション映画、それが『RWBY』である。

 これだけなら、どこか『ハリー・ポッター』シリーズを彷彿させるような魔法学園ものと捉えられるだけかもしれないが、本作のユニークな点は、日本のアニメーションに多大な影響を受けたアメリカの若手クリエーターたちによって、日本アニメのテイストで作られていることである。

 制作は、米クリエイティブ・スタジオ“Rooster Teeth”。ここの主要スタッフには日本アニメ愛好家が多数在籍しており、また最近のアメリカのアニメーション映画は3DCGで作られることが主になってきているが、このスタジオでは3DCGセルルック仕様、即ち日本のセル・アニメにならったタッチをCGで描出すべく腐心し続けている。

『RWBY』もその1本で、そのキャラクターを見ていただければ一目瞭然。特に女性キャラの数々は元気印のヒロインをはじめ、プライドの高いお嬢様、クール・ビューティなどなど、ことごとく日本の萌えキャラの韻を踏んでいるのは微笑ましい限りで、一方で男キャラもイケメン多数(もっとも、どこかマッチョな感じを漂わせたものが多いのはアメリカ的か?)。

 題材的にも魔法バトル少女ものは日本のアニメのお家芸であり、そういった情緒にアメリカ的資質を加味させながら、一種独特の雰囲気の面白さを保持したものになり得ている。

 もっとも、本作はもともとYou Tubeなどweb配信されている短編シリーズを、現在までに3本の劇場用映画としてまとめあげたものであり、作画、つまり3DCGセルルックの技術に関しては、我が国のものと比べてかなり見劣りするものがあり、さすがに日本語吹き替え版による第 1作『VOLUME1』を銀幕で鑑賞したときは、早見沙織や日笠陽子などの人気実力派声優陣の声に画が負けているように感じられたものだ。

 まあ、もともとはwebアニメなのだから大目に見ようなどと、正直なところ、ちと傲慢な上から目線でいたというのが最初の鑑賞態度であったのだが、これが『VOLUME2』『VOLUME3』と回を重ねるにつれて、その技術が着実に上がってきているのが画そのものから如実にあらわれ、それと同時にストーリー展開が思わぬ方向へスリリングに移行し始めていくのを目の当たりにし、こちらも反省して、襟を正して接するようになってきている。

『VOLUME1』では、それぞれのキャラクター設定とその相関関係からスクールカーストや人種差別といった問題にごく自然に踏み込んでいるのがアメリカらしいとは思っていたが、これが『VOLUME2』では不穏な新キャラの登場や、さまざまな小ネタ的な謎が振りまかれ、これが単なる魔法学園ものではないことを匂わせながら、現在公開中の『VOLUME3』へ至る。

 今回は、こちらも日本アニメのお家芸、学園内での武闘大会が開催され、前半部は各キャラの個性を活かしたバトルのダイナミズムで大いに魅せてくれるのだが、そういった愉しさだけでドラマが終わるはずもなく、前回でビーコン・アカデミーに潜入したシンダー・フォール一味がついに行動を開始し、後半は街中を巻き込んでの革命劇の様相を呈していく。

 見終えた印象としては『スター・ウォーズ 帝国の逆襲 』のそれに近く、未見のかたのために細部まで記す野暮は避けたいところだが、まさかこのシリーズが重厚さすら感じさせる卓抜したダーク・ファンタジーへ移行していこうなどとは思いもよらなかっただけに、これまた実にうれしい誤算なのであった。

 また本シリーズ、第1作は2時間だったが、第2作は2時間半、そして今回の第3作は何と3時間で入場料1,300円。昨今の国産アニメのイベント上映が1時間以内のもので1,300~1,400円くらいの入場料金をとることがざらで、中には30分で1,200円もとられたりすると、さすがにいいかげんにしろといいたくなることもあるのだが、こちらは実にありがたい。

 とはいえ、さすがに長丁場、途中で5分くらい休憩タイムがあってもいいような気がしたが(現在発売中の『VOLUME2』DVDレンタルは前編後編と分かれている)、いざ見始めるとそのテンポの良さとストーリーの面白さゆえに、全然だれることなく一気に見入ることができる(もっともトイレは絶対事前にすませておくこと)。

 なお、本作をクリエイトしてきた監督のモンティ・オウムは『VOLUME2』完成直後の2015年2月1日に33歳の若さで急死。本作は彼の遺志を受け継いでケリー・ショークロスが監督/
脚本を担い、完成させたもの。本作のテンションの高さは、モンティ・オウムの弔い合戦ともいえるものだったが、では次回からどのような展開となるのか、いよいよ目が離せないものになってきた。

 当初は日本アニメの影響を多分に受けた好もしい模倣的イメージだった本シリーズ、いつの間にか独自の魅力を湛えた秀逸なものとして屹立し始めてきたようだ。
(文・増當竜也)

RWBY Volume3初回仕様版Blu-ray

RWBY Volume3初回仕様版Blu-ray

なにせ3時間ですからね、2枚組みです

【劇場アニメレビュー】声優が豪華なだけじゃない!『スター・ウォーズ』並みの重厚さとお得感満載な日本風米国産アニメ『RWBY』レビュー!!のページです。おたぽるは、cat連載アニメ作品レビューRooster TeethRWBY劇場アニメレビュー増當竜也日笠陽子早見沙織の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
new
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!

ギャラリー一覧

最近のセクシー女優さんはみんなキレイでカワイイよな!!
『銀魂』も面白かったけど『斉木楠雄のΨ難』もすごーく面白かったよ!