bekky1207.jpg

 1日、『自由国民社「現代用語の基礎知識」選 2016ユーキャン新語・流行語大賞』の発表・授賞式が行われたのだが、トップ10入りを果たした“ゲス不倫”の当事者である、タレントのベッキーと、ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音は現れず。ネット上では「清算するチャンスだったのに!」「ベッキーは、自虐系キャラになる絶好の場だったのでは?」などといった声が相次いだ。  今年1月に「週刊文春」(文藝春秋)によって報じられた、ベッキーと川谷による“ゲス不倫”は、その話題性の高さから、「大賞は確実」ともいわれ、さらには、「当人たちが授賞式に現れるのでは?」と期待する声も広まっていた。それだけに、年間大賞を広島カープの“神ってる”に持っていかれただけでなく、授賞式にはベッキーも川谷も姿を現さず、その代わりに、「週刊文春」の記者がマスクを被って登場する、という中途半端な結果に終わってしまったため、「こりゃ、批判は来年も続くぞ」「年内にケリをつける最後のチャンスの場だったのにな」などと批判の声が寄せられてしまった。 「この日、司会を務めていた生島ヒロシの説明によると、ベッキーサイドにはオファーしていたものの断られたようで、授賞式終了後、選考委員を務めたやくみつるが『この場を清算の場にして欲しかったですね。コソコソせずに出て来て欲しかったなあ。壇上で上手いコメントすれば、もう終わっていたんじゃないかな』というコメントをすると、ネット上で賛同する人が続出。ベッキーといえば長年、優等生キャラで好感度の高いタレントとして活躍してきただけに、不倫報道でのイメージダウンの落差は凄まじく、本人としては何とかイメージを回復して、以前と同じようなキャラで頑張ろうとしているものの、『腹黒ってことが完全に露呈したんだから無理だろ』と指摘され、『もはや矢口真里のように自虐系キャラでいくしかない』といわれているだけに、キャラ変更のチャンスの場ともいえる流行語大賞の授賞式に欠席したことに対して、首を傾げる人は少なくないようです」(芸能関係者)  もはや、何をしても批判の声ばかりが集まってしまっているベッキーだが、今月3日の深夜に放送された、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組『ミッドナイト・ダイバーシティー~正気のSaturday Night』(JFN)で、「私はSMAPさんの大ファン」と語り、SMAPの曲を次々と流し、解散について「もちろん寂しい気持ちはあるけど、ありがとうを伝えたい」などと語ったことで、SMAPファンから「SMAPにすり寄ってくるのやめてくれる?」「どうせ、中居君へのヨイショでしょ?」などといった批判の声が目立った。 「ベッキーはこの日の放送で、『大学生の時に初めてSMAPさんのライブを見て、そこからハマりました』とも語っていたのですが、ベッキーといえば、SMAPのリーダーである中居正広と『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で長年共演していますし、川谷との不倫報道により、芸能活動を自粛して以降、最初に復帰出演を果たしたのは、5月に放送された同番組で、中居に対しては救いの手を差し伸べてもらったという恩義もあるでしょう。また、今後ともよろしくお願いします、という気持ちもあるでしょうから、自身のラジオ番組でSMAPの曲を紹介したことについては、『中居君に媚びを売ってるのが見え見え』『相変わらず腹黒いね』などと、特にSMAPファンから批判の声が集中してしまっているようです」(同)  ラジオが放送された12月3日は、芸能界デビューした記念日ということで、「今年は一度お休みして、自分を見つめ直す時間がたっぷりありました。19年目も頑張ります」と、来年への意気込みを語っていたベッキーだが、ネット上では「たっぷりどころか、自粛期間短すぎだろ」という声や、ちょうど、この日は、川谷の誕生日でもあったため、「誕生日プレゼントあげたの?」などといった声が飛び交ってしまっていた。

ベッキー、流行語大賞欠席に「批判は来年も続く」の声 SMAPヨイショで批判の声も?のページです。おたぽるは、アイドル&声優芸能ゲスの極み乙女。ベッキーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…