佐倉綾音が石川界人にきつい突っ込み!?
アニメ『僕のヒーローアカデミア』公式Twitter(@heroaca_anime)より

 今年8月での『万年B組ヒムケン先生』(TBS系)へ顔出しで出演や9月には『週刊少年マガジン』(講談社)の巻頭グラビアを飾るなど、意外なセクシーさも疲労し、一般人への認知も高くなりつつある“あやねる”こと声優の佐倉綾音

 そんな佐倉が、人気声優の石川界人らとともにTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』(作:堀越耕平/集英社/以下、『ヒロアカ』)のトークイベントに出演したというのだが、そこで声優としての決意を語る一幕もあったという。イベントに参加したという20代女性がその模様を語ってくれた。

「トークの序盤、石川さんが当日のファッションについて、ステージの一番前まで来て、熱弁を振るうシーンがあったんです。有無を言わさないマシンガントークで、佐倉さんが止めようとしても、勢いは全然収まらず、どんどんヒートアップしていってしまって。どうしようもないと思ったのか佐倉さんが、『そういうことしているから●●だと思われるんだよ!』と猛烈に突っ込み、会場を爆笑させてました。さすがに、石川さんも『やめてよ(笑)!』と、即座に返していましたが(笑)」

 さらに、イベントには『ヒロアカ』の岡村和佳菜プロデューサーも登壇し、TVアニメ制作についての思いを述べたとか。

「この作品のアニメ化を考えたきっかけについて、岡村さんは原作1話の印象がすごく大きく、『気持ち的に1話でつかまれた』と言っていましたね。“個性”という設定と王道の要素で『この作品アニメ化できる可能性があるんじゃないか』と感じたそうです。1話を読んでから半年後にはアニメ化に向けて企画を出していたそうですから、動きが相当早いですよね」(前出の20代女性)

 そのスタッフたちの熱意を、キャスト陣にはこんな感じで伝わっていたそうで……。

「佐倉さんは、最初のドラマCDの特典収録のときに音響監督さんやスタッフさんから『この作品を10年続く作品にしたい』『若いキャストを選んで、10年後も一線で活躍できるように』『君たちに期待しています』と意気込みを伝えられたとか。佐倉さんも『相当感銘を受けたんです。10年続く作品にしていこうって』と、熱く語っていましたね」(前出の20代女性)

 ちなみに、石川からは、そんな期待の声優が集まっているアフレコスタジオの様子も語られたそうで、「石川さんはほかの声優さんと、アフレコブース外で、監督や“偉い人たち”の会話を適当に想像してアテレコして楽しんでいる、なんてエピソードを披露してくれました」(前出の20代女性)と、キャスト陣の雰囲気も良さげな感じ。

 TVアニメ1期は視聴率、発売されたゲームの初週売上の数字はイマイチ振るわない(参考記事)ものになってしまったが、第2期で巻き返しを図ることができるのか? 今後の動向が気になるところだ。

佐倉綾音が石川界人にきつい突っ込み!? 『僕のヒーローアカデミア』は10年続く作品とスタッフ・キャストは決意!のページです。おたぽるは、アイドル&声優声優ヒロアカ佐倉綾音僕のヒーローアカデミア石川界人週刊少年マガジンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!new
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!
コスプレイヤー・Loluの幼稚園児コスプレがロリコンすぎてヤバイ…もはや超人レベル!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ