1611_maruko1078.jpg
『ちびまる子ちゃん』公式サイトより。

 11月20日に放送されたTVアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)第1078話「『さくら家のお医者さん』の巻」では、普段あまりフィーチャーされることのない、まる子のおばあちゃん(さくらこたけ)が活躍した珍しい話であったので、気になる内容をざっくり紹介。

 ある日、お気に入りのぬいぐるみの目がとれかけていることに気づいたまる子。するとおばあちゃんがやってきて、裁縫でぬいぐるみを直してみせた。おばあちゃんは映らなくなったテレビも「ポン」と叩いて直すことができるため、まる子は「おばあちゃんはさくら家の修理屋さんだね」と大絶賛。

 後日、たまちゃんと遊んでいた時に、今度はポーチのチャックが上手く開かないことに気づく。すると再びおばあちゃんが登場。チャックに石鹸を少しつけて、滑りをよくしたのだった。さらにポーチの型が崩れていないことから、普段たまちゃんがポーチを大事に扱っていることにも気付いたおばあちゃん。「ポーチもうれしがっていると思うよ。お大事に」と言ってポーチをなでると、まる子は「お医者さんみたい」とさらにおばあちゃんを絶賛するのだった。

 ここからおばあちゃんがお医者さんっぷりを存分に発揮。底が剝がれかけた靴を見て困っている友蔵におばあちゃんは接着剤を渡し、さらに靴底の減り方が違うことから友蔵が右の腰を痛めていることにも気付く。

 また、料理のレシピ本にお茶をこぼしてしまったお母さん(すみれ)のもとに登場し、濡れたページに数枚の紙を挟んで、重しを置いた。すると紙が水分を吸収し、重しによってしわも取れたのだった。これには「有能過ぎる」といった声とともに、「なんでこのおばあちゃんからヒロシなんかが生まれたんだ」「おばあちゃんの有能DNAが受け継がれているのは俺のさきこ(お姉ちゃん)だけだな」と、無駄にさくら家の他の人たちがディスられることにもなった。

 さらに数日後、セーターを探してお母さんのタンスの前にやってきたまる子。固く閉まっているタンスを力任せに開けたところ、その反動で中のスカーフが破れてしまうのだった。そこでまる子はお母さんにバレる前にと、スカーフの修理をおばあちゃんに依頼する。

『ちびまる子ちゃん』第1078話、おばあちゃんメインの異質の回に感動の声続出!「泣いた…」「ちびまる子なめてた…」のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情ちびまる子ちゃん高橋幹子の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
佐藤レイミがお胸が強調された黒のハイレグ水着姿に挑戦! ベッドのシーンは「甘えたり、命令したり……」new
松本菜奈実のボインをチェック!! DMMアダルトアワードの“テッペン”を獲る「ビットボインでボインチェック」とは?
伊川愛梨、私も腰を振って「大人の感じ」を演出!? ロリ巨乳だけど、小さめ水着も「意外と大丈夫」
瀬田あやの、撮影ではみ出しまくりだった!? 2枚目のDVDは「みんなから『エロイ』と絶賛」

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…