1611_ano.jpg
左:「週刊新潮」11月24日号、右:『ゴジラ』シリーズ公式Twitter(@godzilla_jp)より

 観客動員約551万人、興行収入は80億円を突破!(11月16日付) 公開前は「ゴジラよりエヴァを早く何とかしろ」だの、「また長谷川豊かよ!」などと言いたい放題、言われたい放題であったが、公開後はその完成度の高さから、アンチもおたぽるも一斉に手の平を返して賞賛、2016年を代表する大ヒット作となった映画『シン・ゴジラ』。

 多様なコラボグッズが販売されたり、イベントが行われたり、サメ・パニック映画『シン・ジョーズ』が制作されてみたりと、大ヒットの余波は多岐に渡って及んでいるが、11月17日発売の「週刊新潮」11月24日号(新潮社/以下、「新潮」)が、総監督・脚本の庵野秀明へのロングインタビューを掲載!

 新潮がSF・アニメ映画のクリエーターインタビューとは珍しい。しかもサブキャッチは“「シン・ゴジラ」総監督 「庵野秀明」が2時間語った”となかなか気合が入っているので、ざっくりとその内容を紹介してみたい。

 インタビューはQ&A式ではなく、庵野総監督の一人語り風。インタビュー序盤は『ウルトラQ』『ウルトラマン』(ともに66年)と出会い、特撮にハマったこと。『仮面ライダー』(71年)で、さらに特撮にのめり込みつつ、『宇宙戦艦ヤマト』(74年)、『機動戦士ガンダム』(79年)といったTVアニメのおかげでオタクになってしまったといった内容で、特に目新しいエピソードはない。

 細かく『ウルトラマン』のスーツが撮影時期によって3タイプあること、怪獣や宇宙人の中ではザラブ星人が好きといった、面白い小ネタも庵野総監督は披露している。そこんところ、もうちょいつついてほしいな、と思うところなのだが、インタビューのメインテーマと外れるためかサラっと流している。

 その後、高校生時代に『ナカムライダー』、大学生時代に『帰ってきたウルトラマン』など自主映像を制作した思い出へと話題は移行していく。この間、ドラマにもなった名作コミック『アオイホノオ』(作:島本和彦/小学館)でも描かれた、かの有名な「DAICON FILM」に参加し、日本SF大会でオープニングアニメを制作しりと面白いエピソードが腐るほどあるはずだが、インタビューのメインテーマと外れるためかまたもやサラっと流している。

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

Amazonでは12月20日発売予定となってますね

『シン・ゴジラ』庵野秀明総監督ロングインタビューが「週刊新潮」に! 「経営のことも考えちゃうんです」と経営者の顔を見せる!?のページです。おたぽるは、その他特撮エヴァンゲリオンエヴァンゲリオン新劇場版カラーシン・ゴジラジ・アート・オブ・シン・ゴジラマクロス庵野秀明週刊新潮龍の歯医者の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
ロリコスプレイヤー・桜群が犯罪的かわいさのD.VA婦警コスを披露!逮捕希望者続出中!!new
中国出身コスプレイヤー・シェリーが神崎蘭子のコスプレを披露!中二感満載のハイクオリティコス!
人気コスプレイヤー・シェリーがスクエニの『SINoALICE』からアリスコス披露!かわえぇぇぇぇぇ!
エロゲー大好きAV女優“きずぽん”佐倉絆が、エロゲーレンタルを“初体験”しちゃった!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ