1611_sanada45.jpg
『真田丸』公式サイトより

 あまりの格好良さにファンは打ち震えた、前44話でついに登場した大スケールの“真田丸”と、甲冑を赤一色で統一した“赤備え”。その真田赤備えが活躍しまくった今45話「完封」を今週もレビューしてみたい。

 第45話は、幸村(堺雅人)が築いた真田丸砦に、家康(内野聖陽)は大きな脅威を感じる。徳川軍の中には、信之(大泉洋)の2人の息子たちや、景勝(遠藤憲一)らの姿もあった。幸村は、大助(浦上晟周)らとともに徳川軍を挑発。いらだった一部の徳川兵は一気に真田丸を落そうと攻めかかるが、真田丸で待ち構えていた又兵衛(哀川翔)や勝永(岡本健一)、盛親(阿南健治)らの牢人衆と幸村の活躍で、徳川の攻勢をシャットアウト。その見事すぎる手際は、敵方であるはずの景勝が「日の本一の兵!」と叫ぶほどであった――というストーリー。ちなみに視聴率は15.2%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)。

 合戦シーンの素晴らしさを褒め称える前に、触れるべきことをいくつか。
まずは江戸では、福島正則(深水元基)、平野長泰(近藤芳正)という“七本槍”2人の再登場。「秀頼様のために何かしたいんじゃ!」という正則の熱い思い、相変わらず無理難題を押し付けられて困る信之で笑わせてくれた。おこうさん(長野里美)の内助の功ぶりも頼もしい。それにしても随分と信州そばを推すなぁ……。

 緊張が走ったのはきり(長澤まさみ)と茶々(竹内結子)が知り合い、そして茶々がきりを自身の侍女とするシーン。『真田丸』の2大ヒロイン(?)がついに邂逅、幸村を巡って鞘当があったりするのかしら……という興味もあるが、きりが茶々と行動をともにすれば、カメラを大坂城上層部に振りやすくなる、という演出の狙いかと思われる。これは上手い。

 幸村の大坂城入城以来、何かと牢人衆は信用できないと言い張り、視聴者のヘイトを高めまくっていた織田有楽斎(井上順)が、徳川側に内通していることがほぼ確定。推理を重ね、搦め手で犯人(=内通者)を割り出していく幸村の手並みは、秀吉存命中の“落書事件”あたりを彷彿とさせてくれて、楽しい。この辺はさすが三谷幸喜だし、『リーガルハイ』(フジテレビ系)古美門研介だよなぁと思わせてくれた。

小説 織田有楽斎 (学研M文庫)

小説 織田有楽斎 (学研M文庫)

井上順のこういう役、いいですよね

NHKが総力を挙げた(多分)“真田丸”が火を噴く! 日の本一の兵・幸村が超絶格好良かった『真田丸』第45話「完封」レビュー!!のページです。おたぽるは、その他ホビー哀川翔堺雅人大泉洋岡本健一田中正真田丸竹内結子長澤まさみの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
ロリコスプレイヤー・桜群が犯罪的かわいさのD.VA婦警コスを披露!逮捕希望者続出中!!new
中国出身コスプレイヤー・シェリーが神崎蘭子のコスプレを披露!中二感満載のハイクオリティコス!
人気コスプレイヤー・シェリーがスクエニの『SINoALICE』からアリスコス披露!かわえぇぇぇぇぇ!
エロゲー大好きAV女優“きずぽん”佐倉絆が、エロゲーレンタルを“初体験”しちゃった!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ