――“大きなお友だち”の人気も集める女児向けアニメ『プリパラ』(テレビ東京系)を全力レビュー!!

■『プリパラ』3rdシーズン「神アイドル編」
#122「姉妹でかしこまっ!」(11月15日放送)

1611pripara.jpg
『プリパラ』公式サイトより。

 パラ宿のプリパラを舞台に、主人公・真中らぁらをはじめとするプリパラアイドルたちが神アイドルを目指す……という物語を展開中の『プリパラ』。今回の122話は、昨シーズンにもあった“らぁらの誕生日回”【注:本当の誕生日は11月20日】! らぁらの誕生日を祝して、今話をレビューしていきます。

 昨シーズンは、らぁらと偶然誕生日が一緒の親友・なおとの涙必須の友情ストーリーが展開された誕生日回。名曲「Thank you▽birthday」【注:▽は白抜きハート】が流された特別エンディングで、思わずウルッとしたプリパラおじさん・おばさんも多かったのではないでしょうか。今回の脚本は、昨年に引き続き金杉弘子氏が担当。『ジュエルペット』シリーズでもおなじみの(?)、ぶっ飛んだギャグにも期待したいところです。

 今年の誕生日もなおと一緒にお祝いするらぁら。今年もらぁらは手作りのパラカッパの人形を、なおはリボンをお互いにプレゼント。らぁらお手製のパラカッパ人形のクオリティーがどんどん上がっている……!

 そんなお祝いムードの一方で、頭を抱えているのは、今シーズンからアイドル活動をはじめたらぁらの妹・のん。結成したばかりの「ノンシュガー」の方向性が定まっていないことに悩まされているようで、らぁらの誕生日プレゼントも忘れてしまっていました。

 そんなこんなで、「誕生日、おめでトラットリア~!」(byらぁらパパ)とスタートした家族でのらぁらお誕生日会。みれぃとそふぃも駆けつけてくれました。みれぃからの誕生日プレゼントが国語辞書ってのは、いかにも彼女らしいなあと思うのですが、そふぃの「ナマズをくわえたハシビロコウの木彫り」(しかも結構でかい)って!! そふぃいわく「サパンナでは鮭をくわえる熊より人気」だそうです。それより、サパンナでハシビロコウと邂逅してから、すっかりそふぃは“ハシビロコウキャラ”ですね。

 その中でらぁらのパパ&ママ、そしてのんは「SoLaMi▽SMILE」【注:▽は白抜きハート】になりきってライブを披露! らぁらに扮したパパがゴツい女装レイヤーさんみたいでしたが、家族のライブにらぁらは大喜び。“中の人”の草尾毅さんも見事に「Ready Smile!!」を歌っていました。ジュルルも歓喜していましたが、神チャレンジライブには突入しませんでした。残念!

 前述の通り、のんはプレゼントの用意を忘れてしまっていたのですが、「一度で良いから姉妹ライブ見てみたいなぁ」というらぁらパパの言葉を聞いたらぁらから、「のんと一緒にバースデーライブ」を熱望されます。でものんは、ノンシュガーがユニットとして結束できていない時に、“敵”である姉と一緒にライブなんて出来ない! と断固拒否。

 そういえば、放送日の11月15日はノンシュガーの月川ちりの誕生日だったのですが、のんの回想でちりの誕生日会が開催されていました。まあ、ペッパーが大人しくしているハズもなく、めっちゃくちゃになっていましたが……。

 姉妹ライブを諦めないらぁらは学校でものんを追いかけ回し説得を試みますが、なかなか上手くいきません。そんな時に現れたのは、アニメを一気に“キチガイ一色”にする名キャラ・あじみ!! 「気持ちというのは、言葉ではなかなか伝わらなイーゼル~」と、人の心を動かす体当たり法(≒ストーキング術)をらぁらに伝授します。

“どこにでも現れる”あじみ方式を実践してみたものの、なかなか上手くいかないらぁら。すると、あじみはどこか遠いところへ行きなさいと、らぁらを宇宙に連れて行きます(どうやら、あじみの心想世界に旅立った模様)。銀河系の外から小さく見える地球を見て、自分の抱える問題はとっても小さいことだと気づくらぁら。そして、のんとライブしたい気持ちは「この銀なんとか系よりも大きい!」と再び想いを伝えることを誓います。う~ん哲学。

 その一方でのんは、みれぃにチームをどうやったら結束できるのか相談していました。みれぃの思い出話と共に1期の回想シーンが入ったのは、懐かしいし、ちょっと泣きそうになるところ。当時はまだお互い「ちゃん」「さん」付けで呼び合っていたのも感慨深い……! みれぃやそふぃからチームの結成裏話を聞いたのんは、らぁらにある「バカがつくほどあり得ない“かしこま”な体当たり」と、「すべてを受け入れる大きな心」がチームの結束に必要だと知るのでした。

 すると、隕石から逃げ帰ってきた(という妄想を見ていた模様の)らぁらが上空から「のーん! ライブしよ!」と落下(どっから?)! 「のんも好きでしょ? プリパラ。なら大丈夫!」というセリフは、みれぃが第1話でらぁらをライブに誘う際に言った「プリパラは好きプリ? じゃあ大丈夫できるプリ!」を彷彿とさせますね。しかも、歌った曲も「ま~ぶるMake up a-ha-ha!」と、みれぃとらぁらが初めて歌ったデュエット! みれぃとらぁら曲ですが、「噛み合わない2人は 神アイドルを目指すの」って詩は、らぁらとのんに合ってるなあ、なんて少し思ったり。

 今回は、のんがらぁらがチーム結成のためにどれだけ苦労していたかを知り、改めて尊敬の念を抱き、そして姉であり、アイドルの先輩であるらぁらを超えてみせるという想いが再燃した回でした。ちりとペッパーにも体当たりでぶつかると誓ったのんですが、次回はアイドル無人島サバイバルに挑戦する模様。とりあえず、“かしこま”な体当たりでがんばれ!
(文/月島カゴメ)

らぁらとのんが初姉妹ライブ!! のんは“かしこま”な体当たりを覚えた!【アニメ『プリパラ』レビュー】のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューアニメレビュープリパラの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…new
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?