1611_kaida.jpg
『開田裕治 怪獣イラストテクニック』(玄光社)表紙

 10月15日に発売された、怪獣絵師・開田裕治の作画技術が詰め込まれた『開田裕治 怪獣イラストテクニック』(玄光社)。“イラストテクニック”とタイトル付けられているものの、イラストレーターやイラストレーター志望者にとってだけでなく、特撮ファンなら誰でも楽しめるような1冊だったので、紹介してみたい。

 まず著者の開田裕治をざっくり説明すると、怪獣やロボットのイラストを手掛けてきたフリーのイラストレーター。『機動戦士ガンダム』シリーズのプラモデル、いわゆる“ガンプラ” や『機甲界ガリアン』、「ザ・特撮コレクションシリーズ」(ゴジラやウルトラシリーズ)のボックスアートを手掛けたほか、SF雑誌やゲームのポスターやカードなど多数描いている。1997年には、第28回星雲賞(アート部門)を受賞した怪獣、いやSF界を代表する絵師だ(なお奥さんは官能小説で知られる開田あや)。

1611_kaida01.jpg
第一章より。左はゴモラ、右は上が「ミイラの叫び」、下が「ウルトラマン対ネロンガ」

 さて本著は、まず第一章では『ゴジラ』『ウルトラ』シリーズを中心とした開田のイラストをズラッと掲載。本人の解説付きとなっており、これが結構楽しい。個人的なお気に入りは、珍しいデフォルメされて描かれた「ゴジラ対キングギドラ」と、「最終話で宇宙に旅立ったブースカが、20年後に大人になった大作の元に帰ってきた」という設定で描かれた「ブースカの夜」が可愛くて好き。また、開田オリジナル怪獣・ギガラも掲載されているのがうれしい。

 第二章以降では、いよいよ“イラストテクニック”へ入っていく。パース、消失点、遠近法……などなど、聞いたことのある単語も、ない単語も入り乱れて誌面は進んでいく。こう書くと、怪獣やヒーローが好きなだけで、“描く”ことに興味がない人は「俺はいいや」と思ってしまうかもしれないが、少しずつ完成に近づいていく工程は、何となく眺めているだけでも楽しいし、語り口も軽くて楽しい。

1611_kaida03.jpg
第二章より、ここでは怪獣の基本構造と描き方を説明

 何せ「前のページでは偉そうなことを書きましたが、私は大学で図法の講義を一年間受けたことがある程度で、パースの専門的な深い知識は持ち合わせていません」とか、書き出してしまうほど。“イラストテクニック”は段々と高度になっていくが、心配しなくても大丈夫。

開田裕治画集ガンダム編

開田裕治画集ガンダム編

こちらはガンダムオンリー。ロボも格好いい!

読めばゴジラもウルトラマンも、カッコよく描けるようになれる!?『開田裕治 怪獣イラストテクニック』レビュー!のページです。おたぽるは、その他特撮ウルトラマンゴジラシン・ゴジラ機動戦士ガンダム機甲界ガリアン田口清隆開田裕治開田裕治 怪獣イラストテクニックの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…