1611_vaio.jpg
「VAIO」特設サイトより

 モデル、女優の市川実日子が「VAIO」のスペシャル動画へ出演。10月31日よりYouTubeの「VAIO Offcial」チャンネルなどにて、新PCをアピールするスペシャル動画が公開されたのだが、「どう見ても、どこかの課長補佐」「これ、尾頭さんだ!」「市川さん、かわいいなぁ」などと、映像を見た『シン・ゴジラ』ファンが歓喜の声を上げている。

 10月9日の時点で、累計成績は動員約531万人、興収約77.1億円と大ヒットとなった映画『シン・ゴジラ』。市川は、変わり者だが的確な分析力と推理力を持つ、環境省自然環境局野生生物課課長補佐・尾頭ヒロミ役を演じ、「シン・ゴジラの真のヒロインは尾頭さん」という声がファンから上がるなど、強いインパクトを残した(記事参照)。

 そんな市川が出演したVAIOのスペシャル動画は、「圧倒的なタフネス篇」「どこでも“最適” オンライン篇」「静寂キーボード篇」の全3本。

「圧倒的なタフネス篇」は、市川はオルタナティブ、コンセンサス、オポチュニティなどといったカタカナ語を並べ、“仕事ができる”“意識高そう”感を見せつつも、ついうっかりタフなVAIOではないノートPCの上に腰掛けてしまい、PCを粉砕してしまう。壊れたノートPCを悲しげに持ち、立ちすくむ姿が可愛い。

「どこでも“最適” オンライン篇」はプレゼン中という設定。格好いい決めセリフとともに、ドヤ顔でネットのサイトを開こうとするものの、そこには「ネットワークに接続されていません」という無情な表示。会議室の隅っこで落ち込む市川が可愛い。

「静寂キーボード篇」では、市川は共有スペースでノートPCをカタカタと作業中。打鍵音がミーティングもままならないほどの騒音になっており、「彼女はVAIOじゃない」と同僚もあきれ顔だが、本人は気づかないまま。一生懸命“カチャカチャッターン”してしまう横顔が可愛い。

 相変わらず化粧っ気は薄く、髪型もほぼ変わらない。クールで仕事一筋、多少空気が読めない部分もあったりと、たしかに『シン・ゴジラ』の尾頭ヒロミ課長補佐を彷彿とさせるVAIOの市川。だが、変人ではあるが仕事は非常にできる人であった尾頭とは違う、ドジっ娘という新要素が加わっており、これはこれで可愛い。

1611_vaio02.jpg
「VAIO」特設サイトより

『シン・ゴジラ』で知名度が高くなった市川だが、もともと演技の評価は高く幅広い役柄をこなせるタイプでもある。「こういう奇抜なキャラだけでなく、普通にポニーテールとかでニッコリ笑うような役も似合うから、尾頭イメージで固まっちゃうのは複雑」という声もあったりと、尾頭ヒロミ課長補佐をもっと見たいけど、市川の違う顔ももっと見てみたいと、なにやら複雑な気分になっているファンもいるようだ。これはたしかに難しいところだが、とりあえずVAIOの特設サイトではニッコリ微笑む、可愛い市川の写真も見られる。動画とあわせてチェックしてみてはどうだろうか。

尾頭ヒロミ課長補佐がドジっ娘に!?  市川実日子出演の「VAIO」スペシャル動画に『シン・ゴジラ』ファンから喜びの声!のページです。おたぽるは、その他特撮VAIOシン・ゴジラ尾頭ヒロミ市川実日子課長補佐の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
new
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!

ギャラリー一覧

最近のセクシー女優さんはみんなキレイでカワイイよな!!
『銀魂』も面白かったけど『斉木楠雄のΨ難』もすごーく面白かったよ!