――レボリューションからレジェンドへ! ついに第4期シリーズに突入したアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪』。本稿は、「HE★VENS」好きなオタが送る、“HE★VENS成分やや多め”のレビューです。※本文中には“ネタバレ”が含まれていますので、ご注意ください。

1610_utapuri_01.jpg
『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』公式サイトより。

■『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』
第4話「JUSTICE IMPULSE」

 鳳瑛二くんが“HE★VENS唯一の良心”(暫定)であることが判明し、鳳瑛一が弟には甘いことや、一ノ瀬トキヤがレイジング鳳に顎クイされた前回。今週は、来栖翔と日向大和のデュエットプロジェクト回です。大和くんは、翔ちゃんが尊敬する先輩・日向龍也の弟ですが、この2人は瑛二くんとトキヤのようには上手くはいかなそう。

 レコーディングに納得いかない翔ちゃんは、撮り直しを提案しますが、「お前とはこの程度で十分」と一蹴する大和くん。「デュエットプロジェクトの破壊者。暴君。」(※某プリズムスタァより)なのかな? さっそく2人の間には不穏な空気が流れるわけですが、翔ちゃんの“日向先生の弟”と歌えることを楽しみにしていた、という発言は大和くんにとって地雷だったよう。なんと翔ちゃんに腹パンを食らわせます(やっぱ暴君?)。

「弟じゃねえ! 俺は日向大和だ!」……あれ、これテニスやってるほうのプリンスさまにこんなキャラいたな……。“不二裕太み”を感じる……。そんな兄・龍也へのコンプレックスを拗らせている大和くん、「マッスルファイト」なるもので兄をぶっ倒すと突如宣言してみせます。マッスルファイト!?

 大和くんは基本デュエットプロジェクトにやる気ゼロですが、歌やダンスの才能は目覚ましいものがあるよう。それ故、翔ちゃんも「あいつがもっと力一杯に歌えば、絶対すげー曲になるって信じていたのに、急に俺のこと殴りやがって!」と、怒りを露わにします。日向先生によれば、大和くんは自分との勝負以外は特に興味がない子の模様。なんだよ、お兄ちゃん大好きっ子じゃん……。そんな大和くんともう一度歌うには、どうすれば良いのか――そう考える翔ちゃんの頭に「マッスルファイト」の文字が浮かびます。

 例の「マッスルファイト」ですが、なんでも芸能人対抗のスポーツバラエティだそうで、最後に勝ち残った上位2選手が格闘技バトルでガチンコ対決するというもの。その第1回に出場した日向先生は、ダントツで1位を獲得。決勝バトルは2位以下の選手が全員棄権してしまったため、完全優勝を果たしたとか。日向先生スゴスギィ!! その「マッスルファイト」に日向大和が出る……翔ちゃんは、「あいつに勝って、もう一度歌い直したいんです!」と出場を決意します。

 そんなやりとりなんてつゆ知らず、打倒兄に燃える大和くん。朝、偶然ランニング中に鉢合わせた日向先生に「覚悟しとけよ。昔の俺じゃねぇぞ」って言い放ちます。も~~お兄ちゃんに認められたい弟っぷりが可愛らしいことたるや! というか大和くん、兄を倒すためにレイジングエンタテインメントに入ってアイドルやっているとは……。まあ、レイジングエンタテインメントは実力至上主義っぽい感じしますしね。

 でも、今回出場するのは日向先生ではなく翔ちゃん。それを知り、怒り狂う大和くんですが、翔ちゃんに勝てば、タイマンを張ってもらえる約束を交わしました(ヨカッタネ!)。それより、日向先生が大和くんに言った「ちゃんと飯食ってるか? たまには家に顔くらい出せよ」というセリフ、“テニスのプリンスさま”でも聞いたことあ~る~!

 なお、そんなツンツン弟の大和くんですが、トキヤと真斗によれば、「HE★VENSのパワーファイター」だそう。これ、アイドルアニメですよね? そんな大和くんに「アイドルへの気持ちが日向先生への対抗心だけだったら、そんなのアイドルじゃない」という気持ちを抱く翔ちゃん。彼に勝って、また一緒に歌うと誓い、例の戦いに挑むのでした。

 そんなこんなで始まった「マッスルファイト」! そして、ここまでアイドルっぽいキラキラ感、ほぼナシ!! 2人は『風雲!たけし城』や『SASUKE』っぽいステージをどんどんクリアしていき、最終決戦に進みます。そんな最終決戦の内容は、パンチ・蹴りオッケーのガチンコバトル!

 はたして、アイドルに殴り合いをさせていいのでしょうか。しかし、ここはやや常識はずれな『うたプリ』ワールド。アイドルの殴り合いに女性ファンから黄色い声援が上がります。一方で2人の戦いは、体格の大きい大和くんが優位な状況。暴君な大和くんはアイドルの顔も平然と殴ります。うんうん、それも“アイカツ”だね! アイカツ! アイカツ!

 そんな大和くんにコテンパンにされながらも、何度も立ち上がる翔ちゃん。『あしたのジョー』における、ホセに挑むジョーを彷彿とさせます。立て、立つんだショー!! なんて思っていると、翔ちゃんも反撃! 日向先生の意思を背負い、「みんなを笑顔にして、その笑顔を背負って歌える奴がアイドルなんだよ!」と言い放ち、アッパーを炸裂! それを食らった大和くん、どうやら“何か”を気付かされた感じ。

「さぁ。続けようぜ。日向大和」「たりめーだ! 来栖翔!」ふたたび対峙する2人――するとここで『うたプリ』名物、急に歌いだすターン! 大銀河を舞台に、何やらオーラを出しながら歌う2人。日向先生は星座になっていました。最後は「ビックバン!」と言って2人は爆発しましたとさ――。

「聞こえただろ、俺達の曲……とびっきり熱くて、めちゃくちゃかっこいい曲だったよな……」「そんなのは……ただの幻聴だ」……ん、幻聴だったの!? 突っ込みどころ満載のやりとりを展開した2人の戦いは、ダブルノックダウンという結果に終わりました。引き分けということになりましたが、2人はまた一緒に歌うことになったよう。翔ちゃんの誘いに、大和くんは背を向けながらも、無言で拳を上げていました。

 とりあえず、拳を交えたことで少しは分かり合えたってことかな? 正直4話は、アイドルが拳で物事を解決するという、男臭さと筋肉感は満載でしたが、内容の薄さが否めない回だったかなと……。次回は愛島セシルと天草シオンの回と、また何か起きそうな予感。まあ、困ったら拳で解決だ!
(文/月島カゴメ)

【アニメレビュー】~“テニスのプリンスさま”みを感じた日向兄弟~『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』第4話のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューうたの☆プリンスさまっ♪うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスターうたプリの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??new
人気コスプレイヤー・リーユウが『冴えない彼女の育てかた』霞ヶ丘詩羽のコスプレ披露!少し優しそうな詩羽先輩!!
ロリコスプレイヤーの桜群が東方Projectのコスプレ披露!バラを贈らせてくれぇぇぇ~!
台湾出身の人気コスプレイヤー・E子『シャイニング・ブレイド』よりミスティのコスプレ披露!安定のツインテール!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ