アプリゲーム情報【アプリメント】

――日夜膨大な量がリリースされるアプリゲーム関連情報。注目情報から世間の反応までを概観します。(週2回更新予定)

■『バカハザ ~少年バカボン×バイオハザード~』

1610_bakahaza.jpg
『バカハザ ~少年バカボン × バイオハザード~』公式サイトより。

『少年バカボン』と『バイオハザード』が異色のコラボ! 『バイオハザード』の世界で、“バカボン”がサバイバルホラーを繰り広げる『バカハザ ~少年バカボン×バイオハザード~』(以下、『バカハザ』/Gamedo、KADOKAWA、CAPCOM)が10月25日、Android/iOS向けに配信開始された。

 今年は『バイオハザード』が20周年、来年は赤塚不二夫の代表作『天才バカボン』が50周年を迎える。それぞれの作品が節目を迎える今、『バカハザ』は誕生した。バカ出小学校の遠足中に、森に迷い込んだバカボンたちが謎の遺体を発見。そして異形の野犬に襲われて森の中を逃げまわるうち、古びた洋館にたどり着いたのだが……といったストーリーが展開されるホラーアクションゲームだ。

 少年向けゲーム専門誌『デンゲキバズーカ!!』(KADOKAWA)に掲載されていた『少年バカボン』は、『天才バカボン』の新作にして“バカボンのパパ”ではなく“バカボン”を主役にすえたギャグマンガ。主人公の“バカボン”をはじめ、ごく普通の大富豪を親に持つウルトラリッチおバカボーイ“アホヤ”、ジャーナリスト部のキャップだが「ジャーナリスト」を「ジャーナリトス」と言ってしまう“アホナ”といったキャラが『バカハザ』にも登場。行く手を阻む様々な仕掛けを攻略し敵を倒して、洋館のナゾを解き明かしていく。

 同作の魅力は、マップ・BGM・武器・アイテムなどが『バイオハザード』の1作目をベースに作られた世界を舞台に、『少年バカボン』の個性的なキャラたちが8ビット風ドット絵で“バカ怖い”物語を展開するところだろう。実際に『バカハザ』をプレイした人たちからは、「意外にもかなり真面目に初代バイオを再現してるのが面白い!」「ゲーム序盤だけやったけど、ほぼほぼ初代バイオですげぇ」「名シーン再現、敵やアイテム配置、何もかもが懐かしい。世界観を壊しすぎないバカボン達の可愛さがあいまって、とても良い雰囲気」との声が上がるなど、大好評のようす。

 しかし、「バカハザ操作慣れないなー」「面白いけど操作がムズい」といった声も少なからず上がっている。操作方法は、タッチやスワイプといった直感的でシンプルなもので、敵はタッチして攻撃できるのだが、意外と難しいようだ。しかし、「操作がムズいけど、まぁそれも初代バイオっぽいところ」「そんなとこまで初代と同じにしなくてもいいのにw」「操作が難しいのがバイオなんだよ。サクサクゾンビ避けられたらすぐおわっちまう」とバイオファンからは納得(?)の声が上がっている。

 ご存知の通り、初代バイオは慣れるまではキャラの操作が難しく、「壁にガツガツぶつかりながら何とか歩く」「逃げようとしたら突進して攻撃される」といったことは、よく“あるある”ネタにされるほど。『バカハザ』には「本家バイオより操作性全然いいだろ」との声も上がっているほどだ。

『バカハザ』はマルチエンディングとなっており、選択肢や行動によってエンディングが変化するため、やりこみ要素もたっぷり。敵は洋館ではお馴染みのゾンビやカラス、ヘビなどから、ウナギイヌによく似た“ウナベロス”が登場する。

 初代バイオの雰囲気を残しつつも、気軽に楽しめるゲームとなっている『バカハザ』。謎解きに詰まったあの部屋も、トラウマになったあの廊下も懐かしい記憶が蘇るかもしれない。

バイオハザード

バイオハザード

追跡者はトラウマ

「ほぼほぼ初代バイオですげぇ」バイオの世界を舞台に“バカボン”がサバイバルホラーを繰り広げる『バカハザ』大好評!!のページです。おたぽるは、ゲームモバイルゲームアプリメントトラウマバイオハザードバカハザ少年バカボンの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
台湾出身のコスプレイヤーAjoが『少女前線』よりM37のコスプレを披露!『少女前線』の日本語化ってそういえばどうなんてんだ??new
中国出身のロリ系コスプレイヤー・SeeUが『冴えない彼女の育てかた』加藤恵コス披露!脱三次元しすぎの美白さに鳥肌…
ロリコスプレイヤー・桜群が犯罪的かわいさのD.VA婦警コスを披露!逮捕希望者続出中!!
中国出身コスプレイヤー・シェリーが神崎蘭子のコスプレを披露!中二感満載のハイクオリティコス!

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ