――秋葉原の話題を中心としたWEBニュースサイト「1UP情報局」がお送りするアキバ系ニュースをお届けします。

 毎年のように増えているコスプレ人口。コミックマーケット準備会が過去に発表した資料によれば、コスプレ更衣室利用者は2015年の冬コミ時点で男女合わせて約3万人となっている。また周知の通り、渋谷や池袋、川崎などではここ1、2年、ハロウィンが急激に浸透し、コスプレ文化が一般層にも認知された。コスプレ姿で屋外を回遊するケースもあり、今年のハロウィンに関する市場規模は「バレンタインデー」を上回るとも見られている。

 そんな中、今“美少女マスク系コスプレ”というジャンルに変革が起きている。美少女マスク系コスプレは、文字どおり美少女を再現した着ぐるみ的マスクを着用してコスプレを楽しむ文化で、コスプレ人口全体からみると、まだまだニッチなジャンルと言える。ただ、ワンダーフェスティバルなどの造型系コスプレイヤーが多く集まるイベントでは、十数人の美少女マスク系コスプレイヤーが集まることもあり、注目が高まっているのは確かだ。生身の顔を出すわけではないので、性別も関係なく好きなキャラクターのコスプレに挑戦できる分野でもある。

ka307_01.jpg

■1992年ごろからジャンルが開拓

 この美少女マスク系コスプレのトレンドはいつ始まったのか。東京・浅草橋で美少女系コスプレマスク制作・販売を行っている「むにむに製作所」に取材を申し込んだ。

「確実なことは言えませんが、おそらく発端はヒーローショーなどで『セーラームーン』が出始めた頃(1992年頃)だと思います」と、マスクの原型を手がける西川さん。ショー内でキャラクターのマスクを見た際、「自分も欲しい」と思った方がいたのだという。

 インターネットが普及した90年代後半には、気軽に情報交換が可能となったことで「自分ならマスクを制作できるから頒布します」という方が出現。その後、現在の大手マスク制作業者が現れ始めたというわけだ。

OLIMG_3310_02.jpg

ラバーマスク マリリン

ラバーマスク マリリン

ずっと見てると愛嬌あるんだよなあ

注目が集まりつつある美少女マスク系コスプレ! オーダメイドで約10万円だったマスクが今では……!?のページです。おたぽるは、コスプレホビー1UP情報局コスプレメイド美少女マスクの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!new
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!
コスプレイヤー・Loluの幼稚園児コスプレがロリコンすぎてヤバイ…もはや超人レベル!
台湾出身コスプレイヤー・HIKOの黒タイツコスプレ3連発!9月6日は黒タイツの日??

ギャラリー一覧

『TRUE BLUE』『Canvas2』『こなたよりかなたまで』…ナイス選択!
きずぽんがかわいすぎるよ!一緒に乙女ゲーの話したいなぁ