1610_sanada42.jpg
『真田丸』公式サイトより。

 視聴率13.0%と、これまでの最低視聴率を下回ってしまった、大河ドラマ『真田丸』(NHK)の第42話「味方」。これは日本シリーズ第2戦「広島対日本ハム」の影響だろう。普段は日曜夜帯だと視聴率7~8%ぐらいにド低迷しているフジテレビが、日本シリーズパワーで珍しく2ケタ台、13.8%を獲得。だが、本放送より2時間早く放送が開始するBSプレミアムでは、『真田丸』は5.3%と異例の高視聴率をマークしている。一喜一憂せず、今週もレビューしてみたい(数字は全てビデオリサーチ調べ/関東地区)。

 あらすじをざっと紹介すると、幸村(堺雅人)は、久しぶりに茶々(竹内結子)との再会を果たす。一方、家康(内野聖陽)は、幸村が大坂方に加わったことに大きな恐れを抱き、出陣を急ぐ。大坂城に集まった牢人たちの中には、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)、長宗我部盛親(阿南健治)らがいた。豊臣秀頼(中川大志)は幸村に総大将になってもらいたいと願っていたが、又兵衛や勝永らは激しく異議を唱えたため、幸村は10万の兵を2万ずつにわけ、幸村、又兵衛、勝永、長宗我部、明石全登(小林顕作)の5人がそれぞれ大将となることを提案するのだった……といったストーリーが展開された。

 第42話の見どころはなんと言っても“大坂五人衆”。哀川又兵衛を筆頭に、濃いメンバーが集結した。あまりに濃すぎるので、ネット上の反応を探ってみると、「軍議のシーンは思わず『めんどくせえw』ってつぶいやいたわ」「盛親のまさかの戦嫌いキャラwww」「五人衆みんなキャラ立ってて面白いな」と、おおむね好意を持って受け入れられたようだ。

“大坂五人衆”は、『真田丸』公式サイトで明石全登役小林顕作インタビューが掲載されているし、軽くググってみただけでも哀川又兵衛、元ジャニーズ・毛利勝永役岡本健一のインタビューが他誌・他サイトで掲載されているのが見つかるので、興味があれば読んでみてもいいかもしれない(個人的には哀川又兵衛の「大河の撮影現場で、ノコギリクワガタを捕まえた」という一言を、記事のタイトルにしてしまう記事が酷くてお気に入り)。

 紛糾する軍議シーンも、「上田でもめていたころを思い出した」「『新撰組!』で、芹沢鴨が暴れてたころみたい」といった声も多く、大人数での掛け合いのテンポの良さ、面白さはさすが三谷幸喜といえるところだったかもしれない。一方で目につくのが大野治長(今井朋彦)の無能ぶり。何でもかんでも「この一件はひとまず預かり、吟味の上……」と言い出すあたりに、進行しない会社の会議が脳裏をよぎり、暗い気持ちになった会社員も多いのではないだろうか。自分は暗くなっただけに、哀川又兵衛の突っ込みは気持ちよかった。なお今週から登場した治長の弟・治房を演じているのは、キックボクシング選手でK-1にも出場していた“超合金”武田幸三。侍役、やりたいって言っていたものなぁ、おめでとうございます。

癖が強すぎる“大坂五人衆”集結! そして『真田丸』が一瞬で『真田丸どうでしょう』に!? 『真田丸』第42話「味方」レビュー!!のページです。おたぽるは、その他ホビー今井朋彦哀川翔堺雅人大泉洋岡本健一水曜どうでしょう真田丸竹内結子草刈正雄長澤まさみの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
きょう肉肉の合法ロリっぷりがやばい!スクール水着に園児帽!そしてパイパン!!new
sherryが『アイドルマスターシンデレラガールズ』より双葉杏のコスプレ披露!あくび顔がけだるそうでグッド!
コスプレイヤー・Kizamiの天使コスプレがエッチ過ぎ!布面積すくねぇ!!
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!

ギャラリー一覧

俺も黒田悠斗さんみたいにマッチョになりたい!
「貧乳の日」なら私もツイートできるかな…