声優誌レビュー「声優グランプリ」2016年11月号

――昨今の声優人気に伴い、気がつけば声優専門誌も定期・不定期を合わせて10誌以上が刊行されている。そんな“声優誌 群雄割拠”の時代にあって、各誌はどのような記事・企画をとりあげているのだろうか? 主要な声優誌を中心に、目玉記事や気になる企画などを紹介しつつ、各誌の特徴を分析していく――

1610_koegura_.jpg
「声優グランプリ」2016年11月号

「声優グランプリ」2016年11月号
出版社…主婦の友インフォス情報社
発売日…10月8日(毎月10日発売)※発売日が日曜・祝日の場合は土曜発売
価格……1204円+税
創刊……1994年

「声優グランプリ」11月号の表紙&巻頭特集は、アニメ『ViVid Strike!』で主演を務める水瀬いのり&小倉唯。そして、今号は「声グラ」にしては珍しく両面表紙スタイルで、裏表紙&巻末特集にはソロアーティストデビューを果たす沼倉愛美が登場している。

 同誌の両面表紙は年1回程度のペースで、前回は2015年10月号のこと。ただし、このときはゲーム『グランブルーファンタジー』のタイアップ記事と思われ、裏表紙に使用されたのも声優ではなくゲームのキャラクターイラストだった。声優が広告以外で同誌裏表紙を飾ったのは2014年5月号まで遡ることとなり、これはなかなかのレア度。それだけ彼女のソロデビューは要注目ということか。

 ただ、気になるのは前号(10月号)と今号(11月号)の次号予告である。前号の次号予告には「アナザーカバー」の表記で沼倉愛美の名前があり、今号の次号予告にも「アナザーカバー」という見慣れぬ表記があるのだ。

 これが裏表紙を意味しているとしたら、2号連続で両面表紙となる。来月号は創刊22周年特大号となるので、両面表紙はあくまでもスペシャルなのか、それとも「声優アニメディア」(学研パブリッシング)のように同誌も両面表紙に移行するのか。再来月以降の動向が気に掛かるところだ。

「そんなの気になる?」と思う方もいるかもしれないが、雑誌の表4(裏表紙)は広告料が一番高いスペースだ。憶測の域を出ないが、「声アニ」が2年ほど前から両面表紙を多用しているのは「広告が入らなくなったから」という解釈もできるわけだ。

 雑誌に広告を出してくれる企業が減り続けている昨今ですが、この邪推が杞憂に終わればいいなと思うのです。

 さて、そのほかで気になったのは……

【夏川椎菜、過去の趣味・特技を伏せ字扱いで黒歴史に葬る】
夏川椎菜のかつての趣味・特技「いちご観察」である。この意味不明な趣味はたびたびネタにされており、ファンにもお馴染みだ。しかし、彼女の新連載「夏川椎菜、なんとなく、くだらなく。」でこの話題に言及した際、なぜか文中では「いち○観察」と伏せ字扱いに。現在も事務所公式プロフには「いちご観察」って堂々と記載されてるんですけどね……。

【竹達彩奈、パワーストーンの新連載開始!】
竹達彩奈の新連載はパワーストーンがテーマ。ライバル誌「声アニ」で“石大好きお兄さん”の寺島拓篤がパワーストーンの連載を持っているだけに、ネタ被りの心配が……。しかし、竹達の連載では「パワーストーンから連想するキャラクターを語る」という見事な被り回避。これはこれでおもしろいなと思いました。

 ほかにも「蒼井翔太のグラビア、ライト強くない?(目がチカチカする)」や「上坂すみれの好きな恐竜は、パキケファロサウルスやヴェロキラプトル(全然わかんない!)」など、今号は個人的にネタが多かったので、普段読んでいないいない人もぜひ読んでみてはいかがでしょうか。
(文/神楽坂隆)

「声アニ」のように両面表紙化!? 「広告入らなくなっちゃったの?」そんな心配をしてしまう「声優グランプリ」11月号のページです。おたぽるは、cat連載アイドル&声優アニメアニメ雑誌声優声優アニメディア声優グランプリ声優誌レビュー小倉唯水瀬いのり沼倉愛美の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
new
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!

ギャラリー一覧

最近のセクシー女優さんはみんなキレイでカワイイよな!!
『銀魂』も面白かったけど『斉木楠雄のΨ難』もすごーく面白かったよ!