ご存知の通り、人工知能(AI)が囲碁チャンピオンを負かす時代が到来している。いつの日か、社会の中でも人工知能が優位に立ち、人間を支配する日がやってくるのだろうか。そんな時代を予期していたのか、かつてSF作家によって提唱された“ロボット3原則”の最初にくる厳命「ロボットは人間に危害を加えてはならない」という第一条が、なんと先頃破られてしまったという。特殊な訓練を積んだ人工知能が3D対戦ゲームで人間のプレイヤーを“殺した”のだ。

1610Controversial-AI.jpg
「Science Alert」の記事より。

■人工知能が3Dゲーム『DOOM』の大会に参加

 FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)のジャンルを確立したともいわれる人気の長寿ゲームシリーズ『DOOM』だが、今年このゲームを人工知能にプレイさせる大会「Visual Doom AI Competition」が開催された。つまり、人工知能が3D空間の中で戦闘を繰り広げたのである。

 大会に出場した人工知能は、インテルやFacebookなど名だたる研究チームが“育てた”ものが多かったが、その中でカーネギーメロン大学の学生2名に育てられた人工知能が2位に入る活躍を見せて話題を呼んだ。

 各チームは、それぞれ腕によりをかけてコンピュータ言語(C++、Python、Javaのみ)でプログラムを組み『DOOM』専用の人工知能を作り上げたのだが、この学生2人組のチームは作り上げた人工知能に何度も機械学習(Q学習)を繰り返し行なわせて“トレーニング”を積んだという。そして、この学習によって短時間で劇的に“戦闘能力”を向上させることができたのだというのだ。

人工知能による『DOOM』プレイ動画「Devendra Chaplot」より。

 彼らによってArnold(アーノルド)と名づけられたこの人工知能は、画面上の状況を独自の方法で理解して自律的に行動するのだが、決してこの『DOOM』専用の人工知能というわけではなく、今後もさまざまな3Dゲームで1プレイヤーとして参加できるという。

 これまではグーグルの人工知能が、ブロック崩しなどのレトロゲームの腕をめきめきと上達させてきた例があったが、今回の「Visual Doom AI Competition」では、複雑な3Dゲームの空間でも人工知能が存分に活躍できることが確認されるものにもなった。囲碁や将棋だけでなく、いったいどこまで人工知能の活躍の分野が広がってくるのか、空恐ろしくなる話題と言えるかもしれない。

ついに“ロボット3原則”が破られた! 人間ゲーマーを“殺す”AIが登場のページです。おたぽるは、その他ホビーAIロボットの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
new
人気コスプレイヤーのKizamiの縞パンパンチラが生々しい!
人気コスプレイヤー・桜群のモコモコウサギが合法ロリすぎる!!
コスプレイヤー・桜群と妍子のセーラー服コスが美少女すぎる!

ギャラリー一覧

最近のセクシー女優さんはみんなキレイでカワイイよな!!
『銀魂』も面白かったけど『斉木楠雄のΨ難』もすごーく面白かったよ!