sanada37.jpg
『真田丸』公式サイトより。

 先週、わずか40秒で関ヶ原を走り抜け、18日放送の第37話「信之」でも大谷吉継(片岡愛之助)、石田三成(山本耕史)の最期をササッと描いただけで、とうとう真田父子が高野山・九度山へ押し込められる展開を迎えてしまった大河ドラマ『真田丸』(NHK)。大きな戦が終わり、大きく分かれていく登場キャラクターたちの運命を描いた1話となった。

 関ヶ原での石田方が敗北。連戦連勝だった真田昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)も徳川方へ降伏することに。信幸(大泉洋)と本多忠勝(藤岡弘、)による徳川家康(内野聖陽)への助命嘆願のおかげで、2人は死罪を免れ高野山への流罪となる。しかし、家康は信幸に、昌幸との縁を切るよう命令、改名を強いられるのだった……といったストーリーが展開された第37話。なお視聴率は17.3%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)。

 タイトルにもなっているとおり、昌幸から“幸”の一文字を受け継いだ信幸が、家康から強いられて、“信之”へと改名するエピソードが語られたのだが、35話の「犬伏」、36話の「勝負」に続いてお兄ちゃんが格好良かったし、婿どののために、「平八郎は本気でござる!」と、家康相手に一戦かます覚悟を固める舅殿・忠勝も頼もしすぎた。

 なお、この「信之」が放送された18日にあわせて、ドラマ公式サイトでは大泉洋、藤岡弘、の インタビューをそれぞれ掲載。何かと板ばさみにあっている信之役について愚痴まじりで大泉が軽快に、藤岡弘、は重厚に語っているので、ぜひチェックしてみてほしい。個人的には、第27話「不信」で信幸が怒り部屋を退出してしまうシーンで、昌幸が楽しそうに「怒っていたなあ」と振り返っていたことに、大泉が怒っていた下りが楽しかった。

 昌幸、信繁、信之の3人を取り巻く真田家の人々が、それぞれ違う道を行くことが描かれたのも、この37話の大きな特徴だったと思う。何だかんだいって昌幸との夫婦仲は良かった薫(高畑淳子)、兄弟の姉・松(木村佳乃)とその夫・小山田茂誠(高木渉)、矢沢三十郎頼幸(迫田孝也)、堀田作兵衛(藤本隆宏)といった面々は、信之と行動をともにすることに。

真田紐 木綿平紐-4分 2mカット (深緋+白)

真田紐 木綿平紐-4分 2mカット (深緋+白)

今でも和風の小物や携帯ストラップなど、利用者は多いようです

兄上“信之”と、頼もしすぎる舅・本多平八郎が熱い! そしてさらば三成&大谷……『真田丸』第37話「信之」レビュー!!のページです。おたぽるは、その他ホビー吉田羊堺雅人大泉洋山本耕史松岡茉優真田丸草刈正雄藤岡弘、長澤まさみ高木渉の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」new
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?
【ソフマップ】“横乳プリンセス”Gカップグラドル十枝梨菜が、彼氏と熱愛旅行へ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!