月に一度発表されるアメリカの雇用統計は、為替や株価にも影響を及ぼす重要な指標だが、今後は労働者として数えるのは人間だけではなくなる!? そう、ロボットの雇用が急激に進むかもしれないからだ。

1608_pepper.jpg
「Tech Republic」より。

■ペッパーがアメリカの家電店で“店員デビュー”

 アメリカ・カリフォルニア州パロアルトの家電量販店「b8taストア」で接客を担当する店員として、ソフトバンクの人型ロボット、ペッパー(Pepper)が店頭で業務にあたった。8月11日から18日までの“体験入店”ではあったのだが、その働きぶりはなかなか評価が高かったようだ。

 すでに日本ではあらゆる場所で試験的に“社会人デビュー”しているペッパーだが、意外なことにこれまでアメリカではあまり注目されてこなかった。もちろんアメリカでも自動車工場などでは積極的に産業ロボットが導入されているが、ペッパーのようなサービス業で働く“接客ロボット”はこれまであまり真剣に考えられてこなかったようだ。

ペッパーがショップ店員に。動画は「CNET」より。

 ショップを訪れたお客に積極的に話しかけるペッパーだが、自らのセールスポイントでもある感情認識能力についてもことあるごとにアピールしていて「笑顔を見せてよ!」というリクエストも投げかけている。人間の店員ではまず口にしないようなセリフも、大目に見てもらえるアドバンテージを活かしてか(!?)、なかなか大胆な接客を繰り広げたようである。

 今年オープンしたばかりの「b8taストア」は、主に情報家電製品を展示、販売するショップなのだが、面白いことに展示製品の前に来店客を一定時間留まらせることで、製品のメーカーから広告収入を得るというシステムが導入されている。必ずしも実際の販売に結びつかなくとも、来店客をある程度の時間引きつけておくことができれば、その時間によって収益を得らるスキームで運営されているのだ。このように来店客をなるべく長く店内に引き留めておくのは、ペッパーにはうってつけの業務なのかもしれない。

 この1週間の“体験入店”で、ペッパーの勤務評価が高いものになったとすれば、一躍アメリカもペッパーが活躍する社会になるのかもしれない。「Tech Republic」の記事によれば、年内にもソフトバンクがアメリカでのペッパーの販売・活用について何らかのアナウンスを行うことが見込まれているという。

ペッパーがアメリカで“店員デビュー”! ロボット社会が加速するか!?のページです。おたぽるは、その他ホビーPepperペッパーロボットの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
グラドル川崎あやが朝から悩殺ポーズ!午前中から脳ではなく別のところが覚醒しちゃうよ…new
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
『メアリと魔女の花』はもう観た?