1608_katasumi.jpg
アニメ『この世界の片隅に』公式サイトより。

 24日、能年玲奈改め“のん”がアニメ映画『この世界の片隅に』(11月12日公開)へ、主人公・すず役で主演することを発表。

 発表後は、「のん(能年玲奈)のアニメ映画主演をマスコミが取り上げないのは、彼女の前事務所が圧力をかけたから」だの、「のんがブログを開設したニュースも一斉に削除された」だのなんだの周辺の報道がにぎやかだが、肝心の彼女の声の演技はどれぐらい期待できそうなのか、そして映画屋形に足を運ぶであろうアニメファンたちは、彼女の起用にどんな反応を示しているのか。ざっくり探ってみる。

 そもそも『この世界の片隅に』は、昭和19~20年の広島市と呉市を舞台に、戦時中、毎日眺めていたものがいつしか変わり果て、 身近なものが失われてもなお生きていく、主人公・すずさんのくらしをこうの史代が描いたマンガが原作(双葉社)。片渕須直監督らの手によって約4年前からアニメ化の準備が進められ、スタッフの確保やパイロットフィルムの制作に賄う資金を調達する目的で、クラウドファンディングによる資金調達を敢行(記事参照)。

 2015年3月9日から5月29日までの82日間の募集期間中に、当初の目標金額2,000万円を大幅に超える合計3,374人、3,622万4,000円の支援確保に成功し、アニメ映画『この世界の片隅に』の製作が正式に決定した。なお、この3,374人という支援者数は国内クラウドファンディングの過去最高人数で、支援金額も映画部門では国内最高記録だ(公式サイトより)。

 そんな多くのアニメファン、原作者こうの史代ファンの想いが詰まった1作で、しかも舞台は戦中の広島とあって、広島弁もバリバリとしゃべらなくてはいけない。“のん”の声優としてのキャリアは浅く、12年公開の映画『ロラックスおじさんの秘密の種』のオードリー役を演じたことが1度あるのみ、女優としても約2年間のブランクがある。

「『風立ちぬ』の庵野監督が声優した時から何も学んでないな。」「投資したものの声優に裏切られた感…」「正直声は声優がやらないとだめだろ。なんのために声優いるんだ」と、一部のアニメファンから不安や不満の声が上がるのも理解できるところ。

BLACK LAGOON 1期

BLACK LAGOON 1期

同じ人が監督やっているとは思えませんが、だがそれがいい

クラウドファンディングでようやく製作が実現した『この世界の片隅に』に、能年玲奈改め“のん”が主演決定! アニメファンの反応は!?のページです。おたぽるは、アニメアニメ業界事情こうの史代この世界の片隅にのん新谷真弓片渕須直能年玲奈の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
グラドル川崎あやが朝から悩殺ポーズ!午前中から脳ではなく別のところが覚醒しちゃうよ…new
歌手のELISAがぶりっこセルフィー公開!うぉぉぉっ!めっちゃかわいい!でもそんなことしなくても十分かわいいぞ!!
川崎あやのくびれが芸術的すぎる!完璧ボディーの持ち主なのに実に謙虚…
祝デビュー5周年 Machico Live Tour 2017「DAY’S melody:」東京公演ライブレポ!

ギャラリー一覧

天木じゅんちゃんは何してもぐぅエロ!
『メアリと魔女の花』はもう観た?