“B級”なホラー映画やあるいは最近各社が多く手がける“SFサメ映画”の人気はなかなか手堅いものがあるという。いったいどのよう人々が好んで観ているのか? これらのジャンルの映画を好むのは意外にも(!?)、教養の高い人々だという研究が報告されている。

1608_Liking-Trashy-Movies.jpg
「Smash」より。

■B級映画ファンは教養ある“文化的雑食動物”

「モーツァルトを聞くとIQが上がる」「IQの高い人はクラシック好き」など、音楽と知能の関係は以前からいろいろな研究が行なわれているが、映画と知力の関係はあまり研究されていないのかもしれない。映画は個々の作品それぞれが独特であるため、読書と同じく好みの映画は、当人の“知的レベル”を如実にあらわしていると考えられ、研究するまでもないものとされてきたような感もある。

 とすれば、いわゆる低俗でB級な映画を好んで観る人は、やはり“知的レベル”が低い人々なのか? だがしかし、実はそうではないという研究が先頃、オンライン学術ジャーナル「Poetics」で発表された。B級映画好きは概して教育水準の高い人々だというのだ。

 研究を行なった独マックス・プランク経験美学研究所の研究チームは、まずどんな要素がその映画を“B級”するのか、B級映画(trash films、trashy movies)の定義を定めた。そこでまず最初にくるのが、低予算による“チープさ”にあるという。重厚な内容の映画が好きな人にはこれはマイナス点となるが、この“チープさ”によって、大量のタイトルを供給できるというジャンルとしての利点もある。そして研究チームは、B級映画好きの人々を対象にオンラインの調査を行い、B級映画ファンの特色を浮き彫りにしたのだ。

 B級映画ファンは、制作サイドを分析をすることを楽しみ、会話や物語構造に興味を持っている傾向があるという。そういう観点から映画を楽しむ限り、確かに配役や画像処理などの要素は二の次になりある意味で純粋に映画を楽しめることになる。

「このような観客にとってB級映画はとても興味深く、(ハリウッドなどの)本流から外れた作品として歓迎すべきものなのです」と、マックス・プランク経験美学研究所のケイバン・サーコーシュ氏は「Independent」紙の取材に応えている。そして、調査によれば、B級映画好きは平均以上の教育のある人々が多く“文化的雑食動物”を自認する人々も多いという。

【最新研究】サメやゾンビが大暴れする“低俗B級映画”ファン、実は知能が高かった!?のページです。おたぽるは、その他映画B級映画の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!new
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!