1608_bpo.jpg
BPO公式サイトより。

 放送における言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する、第三者の機関・BPO(放送倫理・番組向上機構)。そのBPOが「2016年7月に視聴者から寄せられた意見」を公式サイトで公開した。

「情報番組で、ポケモンGOをこぞって取り上げていた。日本で配信される前から、海外では事故が多発している。内閣府が注意喚起するほどの事態なのに、リポーターが『ここにもいます』などと喜んでいた。わざわざやって見せる必要はない。テレビでこのように紹介することは、アプリの利用を煽っているも同然だ」。
 
 絶対にあるだろうと期待していたら、本当にあった『ポケモンGO』に関するご意見。むしろ内容をちゃんと理解しないまま、とりあえず『ポケモンGO』を叩いとけ、という一方的な報道も多かった気がするのだが……。

「スマートフォンを使用するゲームに関するニュースで“歩きスマホ”は危険だと注意喚起していたが、番組スタッフが街中で同ゲームをしているシーンでは“歩きスマホ”をしていた。これでは注意喚起に説得力がなくなる。これを子どもが見たら、「大人がやっているから大丈夫だ」と思いかねない」。

『ポケモンGO』関連と思われる意見は、もう一件あった。“歩きスマホ”はたしかに危険だし、傍若無人に闊歩するTVスタッフの歩きスマホはより危険だろう。注意したいものだ。

 今回多かったのは、参院選、都知事選と注目を集めた2つの選挙に関する放送についてのご意見。特に、「都知事選の候補者3人が討論していたが、他にも候補者が複数名いるのにもかかわらず、特定の人物のみを番組に登場させていることに疑問を感じた。報道は平等に行うべきである。どのテレビ局でもこのような傾向があるため、早急に改善していただきたい」といったご意見には賛成したい。マック赤坂氏とか後藤輝樹氏とか、もっとしゃべっているところを見たかった。

AID  猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)

AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)

「来るだろうな」と思っていた人も多かった模様

『ポケモンGO』、やっぱりBPOに“ご意見”を寄せられていた! なおあのエロスな新作アニメは無事だった模様のページです。おたぽるは、その他ホビーBPOめちゃ×2イケてるッ!ポケモンGO魔装学園H×Hの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

--
PICK UP ギャラリー
人気コスプレイヤー・サク 美顔すぎるすーぱーそに子コス披露!でも体のムチムチ具合は完全再現!!new
【ソフマップ】グラビアアイドル河村美咲が“本気で悶絶”!?「すごくセクシーで……」
【ソフマップ】「普段しない動きを……」お嬢様グラドル工藤紬が初のDVDで“全部”出しちゃった!?
【ソフマップ】アイドルグループ「放プリユース」田中あさみに“筋肉フェチ”が殺到中! チャームポイントで、ふくらはぎ!?

ギャラリー一覧

コスプレイヤーさんってなんでみんなエロいんだろ…
イノグレでBL作ってほしいよね!